ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.4.20

忘れ去ること

宇野千代さんの心に響く言葉より…

■私はいつの場合でも、自分に興味のあること、したいことを追い求めて忙しく生きてきた。

余りに忙しかったので、過ぎたことをくよくよしている暇はなかった。

思い出したくないことはつぎつぎ忘れさってしまった。

この忘れ去るという特技が、自分自身を救う一種の精神的治療法になったような気がしている。

■忘れるといことは新しく始めるということです。

心を空っぽにするから新しい経験を入れることが出来るのです。

いくつになっても人生は今日がはじまりである。

■人間らしい感覚を忘れ去るほどの忙しさ、このやりきれない忙しさが、私を救ってきたのだと思います。

一身上のことでくよくよする時間がない、ということです。

私にも、考えようと思えばくよくよする種はあります。

しかし、そんな悩みは忙しさのために、大風に吹きまくられた紙屑のように、眼にもとまらないのです。

■一歩踏み出せば凡(すべ)てが愉しい。

いつでも私は、そのときの生活に夢中になった。

そしてどうしても、どんなことがあっても、生きていたいと思った。

夢中で生きることが生きて行く目的であったからである。

「私は生きている」という発想から「私は生かされている」という発想に転換するとき、周囲をとりまく自然の不思議さ、ありがたさに気がつくのである。

■人間は過去に生きるのではない。

新しい明日に向って生きるのだ。

私は、悲しみから心をはなし次の行動に向って心を動かす。

こうするのだと思った瞬間に、さっと体はその通りに動く。

いや、動くのではない。

もう踏み出しているのであった。

『宇野千代 幸福の言葉』海竜社


毎日が忙しく忙しくてたまらないような時には、悩みはそれほどない。

無我夢中で取り組んでいるから、余計なことは考えないからだ。

多くの人は、ヒマになったときに悩みが出てくる。

忙しいときは、今やらなければならないことや、これからどうすればいいかを考えて行動するが、ヒマなときは過去のことにクヨクヨと悩む。

過去の嫌なことを事細かにすべて覚えていたら、人は耐え切れず、気がおかしくなってしまうかもしれない。

「人に傷つけられたこと」、「暴言」、「暴力」、「痛み」、「いじめ」、「裏切られたこと」、「失恋」、「親しい人の死」…

忘却は、天が与えてくれた最高のプレゼント。

忘れることができるから、明日も生きていける。

何かに没頭して忙しくすることは、過去の嫌なことにではなく、目の前のやらなければいけないことに焦点をあてるということ。

どんなことでもいい、まず一歩を踏み出し、何かにのめりこみたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る