ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.4.15

元手がいらない、しかも利益は莫大

大島正裕氏の心に響く言葉より…

「元手がいらない、しかも利益は莫大。

与えても減らず、与えられたものは豊かになる。

一瞬見せれば、その記憶は永久に続くことがある。

どんな大金持ちでもこれなしでは暮らせない。

どんな貧乏人もこれによって豊かになる。

家庭には幸福を、商売に善意をもたらす友情の合い言葉。
 
疲れた者にとっては休養、失意の人にとっては光明、悲しむ者にとっては太陽、悩む者にとっては自然の解毒剤となる。
  
買うことも、強要することも、盗むこともできない。

無償で与えて初めて値打ちが出る」

人間研究の先駆者・アメリカのD・カーネギーは、笑顔について、こう語っている。


日本には、昔から、

「愁眉筋(しゅうびきん・眉の間の筋肉)に縦じわを寄せる苦悶の表情は、心がいっそう暗くなり、なお悪い状態に陥ってしまう。

苦は苦を呼び込む」

とする信仰があった。

逆に、愁眉筋の縦じわをなくすと、顔全体の表情が解放され、開かれて明るくなり、幸運に恵まれるとする思想も根強くあった。

日本人は、潜在意識の中で、苦しい状態に追い込まれた時、笑いの表情をすると、苦しさは消失すると、今でも固く信じているのかもしれない。

『自分を奮い立たせる この名文句』三笠書房


中村天風師は笑顔についてこう語る。

「終始一貫、笑顔でとおすようにしてごらん。

不運な人、体の弱い人は、ひとしお、笑いに努力するんだ。

笑うにつれて、人生の幸福と幸運がどんどん開けてくるから」

笑顔でいれば、笑顔になるような状況がやってくる。

ぶすっとしていれば、ぶすっとするような状況がやってくる。

仏教には、「和顔施(わげんせ)」という言葉がある。

何も持っていなくとも、人にできる施しがある。

それがいつも「穏やかな顔でいる」、「にこやかな笑顔でいる」ということ。

自分のためにも、人のためにも、笑顔はとても大切だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る