ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.4.14

輝きは伝染する

京都大学名誉教授、森毅氏の心に響く言葉より…

青春は輝かねばならない、と思い込んで、強迫観念になっている子が大学でも多い。

一番アホらしいパターンは「青い鳥シンドローム」。

学問であれ、スポーツであれ、友人関係であれ、「輝かねば」という思いがあって、輝いていないと、

「ほかに輝くところがあるはずや」

と、青い鳥を求めてさまよいつづけることになる。

人生には晴れの日も曇りの日も嵐の日もある、まあ気楽にいこうや、と思っていたほうがいい。

あとになって、あの頃は輝いていたなあ、と思えればいいんだと。

親や先生が自分は輝いていないで、子どもだけ輝かそうというのは無理な話。

輝きは伝染するからね。

だいたい、親が悩んで暗くしていて、子どもが輝いていないと、文句言うのは筋違いだと思う。

輝くとは、何かにおもしろがっていたり、楽しみにしていることがあるということ。

それが何であろうとかまわないし、役にたたなくてもいいわけで、人間はそれぞれ違うわけだから、本人にとって幸せな人生であればいい。

何かにおもしろがっていると、他人がそう気にならないし、愚痴や不満も少ない。

そういう人は他人から見ると、

「なんかこう、いい人生してはるなあ」

と思える。

考えようによっては、輝くなんて簡単なことだとも言える。

『人は一生に四回生まれ変わる』三笠書房


人が輝いて見えるときは、何かに一心不乱に熱中しているときや、夢中で何かに打ち込んでいるときだ。

無我夢中のときは、不平や不満が出ない。

自分の関心事に集中していれば、人のことなど目に入らないからだ。

輝いているときは、どんなことでも、おもしろがってやっている。

だから、自然に笑みがこぼれ、機嫌よく、楽しそうに見える。

自分が、おもしろおかしく機嫌よくしていれば、まわりには自然に機嫌のいい人が集まる。

つまらなそうにしていれば、つまらない人が集まる。

「輝きは伝染する」

自分が輝けば、まわりも輝く。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る