ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.4.11

ボーッとすること

小林正観さんの心に響く言葉より…

強靭な精神力とは、「ボーッとすること」「ピリピリしないこと」という話を以前本に書きました。

「ニコニコしているのは難しいのですが」とか、

「子どもに対してイライラしたくないけれど、ついイライラしてしまう。どうしたらいいですか」

という質問をよく受けます。

しかしそういう質問をすること自体、どこかがおかしい。

イライラしてしまうのは誰ですか?

イライラしないですむのは誰ですか?

「私です」

「じゃあ他人にはどうしようもありませんね」

というのが私の答え。

私は、優しい母親になってくださいとお願いしているのではありません。

単に仕組みを話しているだけです。

自分の考えや行動を改めるつもりはないけど、不愉快な部分だけ取り去ってほしいというのは無理な要求。

自分が自分を律するしかない。

第三者には何もできない。

「腹を立てるのが好きで、周りや子どもに背かれるのが好きならどうぞ」と言うしかありません。

「強靭な精神力」を持つには、「ボーッとすること」です。

「神経を張りつめて何ものもはね返すこと」ではないのです。

ガードをすることでもなく、自分の周りを自分の好みどおりにつくり変えることもない。

闘って状況を変えることが“強靭”なのではない。

傷つきたくなくて、ガードしている人は、弱いのかもしれません。

バカにされても、傷つかない人が、一番強い。

メンツ、プライドを傷つけられても、笑っていられるのが強い人であり、そのためには損得勘定で、一喜一憂しない自分になればよいのです。

孫子の兵法に、

「百戦百勝は、最善なるものにあらず」

というものがあります。

なぜ百回も戦うのか。

賢い武将は一度も戦わない。

本当に優れた武将とは、敵をつくらず、一度も戦わない人のこと。

ピンと張っている糸は、刀で簡単に切ることができますが、だらんとしている糸を刀で切ることはできないのと同じです。

ちゃんとしなきゃ、と思っている人は、実は弱いのです。

誰かに何か言われるとすぐにつらくなって落ち込んでしまう。

『この世の悩みがゼロになる』大和書房


行徳哲男師は、人間の魅力は「素・朴・愚・拙」の四つの言葉で表すことができる、という。

素とは、飾らない魅力。

朴とは、泥臭い朴訥とした魅力。

愚とは、自分を飾らずバカになれる魅力。

拙とは、不器用でヘタクソだが一途な魅力。

「素朴愚拙」の人は、ボーッとしていて、時に間抜けな愚か者のようにも見える。

本当に強い人は、いつもハリネズミのようにピンと神経を張りつめ、戦いにあけくれる剛(ごう)の人ではなく、どんな非難や攻撃も、フラフラ、ヒョロヒョロと受け流すボーッとした柔(じゅう)の人。

剛ではなく、柔。

鋭ではなく、鈍。

賢ではなく、愚。

周囲と闘っても、まわりの人を変えることはできない。

時に、ボーッとすることも必要だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る