ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.4.2

人と違ったことをやればいい

植西聡氏の心に響く言葉より…

幕末の思想家、佐久間象山(しょうざん)は、今でいうユーモアを口にするのが大好きな人で、あるとき、その象山のもとへ小料理屋の主人が訪れ、こんな相談を持ちかけてきたことがありました。

「先生はものすごく博学な方だと聞いています。

その先生に折り入って相談ですが、どうすれば金持ちになれるでしょう。

秘訣みたいなものがあったら、教えてもらえませんか?」

すると、象山は小料理屋の主人に向って、こう答えました。

「簡単なこと。歩くときに四つ足で歩いてごらん」

象山からこういわれた主人が、

「先生、私に犬のマネをしろというのですか」

と興奮気味に言葉を返すと、こんなやり取りになったのです。

「頭の固い奴だな。

冗談もわからんのか。

要するに、人と違ったことをやればいいのだ」

「人と違ったことって、たとえば、どんなことをですか?」

「おまえさんのところは料理屋なのだから、たとえば魚料理に西洋のお酒を混ぜるとか、ウドンを煮て出すのではなく、油で炒めて出すとか、そういうことを考えなさいといっているのだ」

「いくらなんでも、それは危険すぎます。

そういう斬新な料理を出しても、お客が注文してくれなかったら、店は大赤字になってしまいます」

すると、象山はこういったのです。

「じゃあ、金持ちになるのはあきらめることだな。

商いというものは安心・安泰の要素と、危険・不安の要素で成り立っているが、金の成る木というものは、後者のほうに潜んでいる場合がしばしばあるのだよ」

『大事なことに気づく 賢者が教える25の物語』KKベストセラーズ


商売は、人と違ったことをやらなければ生き残れない、とはよく言われる話だ。

長年商売をやっている者なら、生き残るためのいくつかのアイデアは持っているものだ。

だが、「失敗するかもしれない」とか、「他に誰もやっていない」とか、「まだ早すぎる」とか言って、往々にして実行までは踏み切らない。

結局、成功者とそうでない者の違いは、思ったことを、やるか、やらないか、だ。

「商いというものは安心・安泰の要素と、危険・不安の要素で成り立っている」

危険や不安を恐れず、新しいことにチャレンジしたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る