ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.3.28

いい習慣と悪い習慣

佐藤富雄氏の心に響く言葉より…

ドイツのレーゲンスブルグ大学ケンペンルマン博士らによる、マウスの実験報告がある。

ケンペルマン博士らのグループは、標準的な飼育ケースをふたつ用意して、一方の飼育ケースには遊具である「回し車」を入れ、もう一方のケースには何も入れず、それぞれマウスを飼育した。

当然ながら、一方のマウスは毎日遊具で遊び、もう一方のマウスはとくに何をするでもなく、のんびりと暮らすことになる。

そうすると、日頃から回し車で遊んでいたマウスの脳内に、驚くべき変化が見られた。

なんと、何もしなかったマウスに比べて、おそよ2倍もの新しい神経細胞(新生ニューロン)が生まれていることが確認されたのである。

また、回し車でなくとも、飼育ケースにトンネルや階段を設置するなど、豊かな生活環境で過ごしたマウスも、何もしなかったマウスに比べて60%も新生ニーロンの数が増えることが確認された。

こうした研究結果から、脳を成長させる新生ニューロンは、外からやってくる何らかの「刺激」によって、自在に増やすことができることが明らかになってきたのである。

あなた自身の毎日はどうだろうか?

やる気も活力もなく、何年も単調なマンネリ生活が続くと、どうしても脳に入ってくる「刺激」は減っていく。

これは、遊び道具の入っていない飼育ケースで育つマウスのようなものだ。

しかし、どんな年齢になっても、脳に「刺激」を与えてやれば、新生ニューロンはどんどん増えていくのである。

その「刺激」こそが「感動」なのだ。

感動で重要なことは、その刺激はあくまでも「予想もしなかった」ものでなければならい、という点だ。

つまり、「予定外」や「想定外」の刺激でなくては、感動とはならないのである。

脳にとっての感動とは、「予定外報酬」のことなのだ。

あらかじめ答えのわかっている報酬については、なかなか感動をともなわない。

そこで、

「習慣とは、結局のところ新たに同じことを繰り返すということではないのか?」

という疑問が生ずる。

たしかに、習慣とは繰り返しの作業である。

しかし、習慣には「いい習慣」と「悪い習慣」とがあることを忘れてはならない。

いい習慣とは何か?

ズバリ、感動をともなう習慣だ。

たとえば、誰もが必ず身につけている習慣に、食事がある。

そして美味しいお寿司を食べたとき、極上のワインを飲んだとき、わたしたちは間違いなく感動する。

それが以前に飲んだことのあるワインであっても、脳は同じことをただ続けているとは思わない。

当たり前の話だが、おいしいものは「何度食べてもおいしい」のである。

それでは、悪い習慣とはどういうものだろう?

感動のない習慣、何も感じることのできない習慣、そしてストレスを蓄積してしまう習慣だ。

夜更かし習慣、運動不足の習慣、コンビ二弁当の食習慣、そして「趣味がない」という習慣。

これらから感動を得るのは不可能である。

気持のいい習慣、没頭できる習慣は、脳にとっても「いい習慣」である。

おいしい食事、適度な運動、恋愛や、それにやりがいのある仕事や趣味など、さまざまなものがこれに該当する。

『一瞬であなたの人生を変えるシンプルな習慣』フォレスト出版


日頃使う言葉や口ぐせはとても大事な習慣だ。

ポジティブでいい言葉を使うことこそ、それが「いい習慣」の始まり。

いい口ぐせがその人の良き人生をつくり、そして、運のいいポジティブな人たちを引き寄せる。

ユーモアや笑いも習慣にできる。

会話の中にユーモアを織り交ぜようとすれば、笑えるネタを毎日探すようになる。

ユーモアや笑いが、自分の習慣となって身につけば、最強の「いい習慣」となる。

また、読書も、知的で、多くの感動を呼び起こす、「いい習慣」。

毎日続ければ、そこに気づきや驚きがある。

映画やスポーツを見たり、演劇を鑑賞したり、寄席に行ったりする、ということも大きな感動体験となる。

なにも、海外旅行に行くとか、高級旅館に泊まるというような、お金のかかることばかりではない。

もちろん、日常の仕事の中や家庭生活に感動を見出すことが最高の「いい習慣」であるのは言うまでもない。

身近なことに感動できる、「いい習慣」を身につけたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る