ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.3.27

アヒルを白鳥に

バルバラ・リッチ氏の心に響く言葉より…

サッカー選手への注目度は非常に高く、ほんの小さなことすら取材の対象になります。

少し前のこと、イタリア屈指の、また国際的にも非常に有名なチームに所属する、ある若いサッカー選手のお手伝いをしたことがあります。

この若い選手は当時、リザーブという立場でした。

彼の前にそびえるのは、ワールドカップに何度も出場した、ファンの信望も厚い、20年近くも同じチームでプレーし続ける偉大な選手です。

この若者は、当然控えという役割を熱望していたわけではありません。

記者の前でも、隠すことなく不満を表し、

「ぼくはあの人と同じくらいやれる。でもベンチにいなければいけない」

「ぼくはいい選手だ。でも、ある人たちが引退しない限りプレーできない」

「控えにされるなんて不当だ」

などと言っていました。

取材の答えは、いつもネガティブな調子でした。

その結果は、毎回毎回、彼が文句を言っていると伝える記事です。

クラブの幹部は、何度も彼を呼び出して、監督の方針と決定に沿った行動をするように申し入れました。

一方で監督はますます腹を立てて、彼をベンチにとどめておきました。

彼は落ち込むばかりです。

この時私が使った作戦は、この経験を「前向き」に転換させるアドバイスでした。

「あのような偉大な選手の控えでいられるなんて、幸せなことです」と言うようにすること。

「たくさんのことが学べる、偉大な選手が目の前にいるのは、光栄なことだ」と思うこと。

「たとえベンチから出してもらえないのは不当だと思っても、それを他の人に言うのは間違いだ」と考えること。

本当なら、黙って自分の番を待ち、いざ呼ばれた時に最高のプレーを見せるべきでした。

無意味にしゃべるよりは、自分の才能で証明したほうがいいのです。

この作戦を実行に移すチャンスは、すぐにやってきました。

イタリア国営テレビの取材が入りました。

選手は私と一緒に準備し、何か聞かれた時は、私のアドバイスの方針に従って答えることに決めて、いざインタビューへ。

この時、彼とメディア、彼とファンの関係に、大きな変化が生まれたのです!

記者は、彼のポジティブな発言に驚いていましたが、すぐに、もっと前向きで明るい質問へと移りました。

質問はいつもの「いつもそんなに怒っているのはどうしてですか?」ではなく、

「調子がよさそうですね。どうしてですか?」

「もっと学びたい点というと、どういう点ですか?」

などの前向きなものでした。

取材の雰囲気はおだやかで、彼はいつもよりリラックスして、笑顔で答えていました。

翌日、クラブの幹部も変わりました。

このような明るい発言を聞いて、初めて、彼の問題への理解を示したのです。

これは、ちょっとしたことに注意し、問題点を直したことで、人との関係をよくすることができた例です。

『アヒルを白鳥に カエルを王子様に変える本』祥伝社


バルバラ・リッチさんは、イタリア・セリエAでマーケティング・コミュニケーションのスペシャリストとして、サッカー選手たちをセンスよく、知的で、華麗に磨き上げてきた女性だ。

バルバラ・リッチさんはこう語る。

「例えば、何だか感じの悪い選手。

実は、シャイなだけなのです。

やけに無愛想(ぶあいそう)で、失礼な感じのする選手。

本当は、取材への対応方法がよく分からず不安なだけなのです」

これは、サッカーだけでなく、一般の会社や社会でも同じことが言える。

自分の発言がまわりの人にどんなふうに聞こえているか、その発言でどんなイメージを持たれるか、等々を考えないで発言している人は多い。

「アヒルを白鳥に カエルを王子様に」

ネットの発言も含めて、自らの発信する言葉や態度をもっと磨きたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る