ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.3.25

一生ディナーをともにすることのない人

本田直之氏の心に響く言葉より…

「親しい人の苦言と親しくない人の思いつき」

成長したければ、人の話を素直に聞くこと。

とくに身近な人の苦言は、自分を磨く砥石だと思って、耳を傾けてください。

けれども、親しくない人が、単なる思いつきでいったようなことまで真に受けて、右往左往したり落ち込むのはどうでしょうか?

「一生ディナーをともにすることのない人に何をいわれても気にする必要はない」

森理世(もりりよ)さんがミスユニバースになった後、週刊誌でいろいろ書かれて悩んでいたとき、彼女を育てたイネス・リグロンはこういったそうです。

なるほど、至極名言。

『本田流 しりあがり的 額に汗する幸福論』かんき出版


人の話は聞かなければいけないといわれる。

しかし、それが悪意を持ったものだったり、相手がただ自分を誇示したためのものだったりしたら、それは聞く必要がない。

どんな批判も中傷も聞かねばならぬ、と見ず知らずの人の話を聞いていたら、いつか自分の心が参ってしまう。

従順だとか、素直だとか、言うことをよく聞く、というのはとてもよい徳目だが、同時に、したたかさや、折れない心、という強さも大事だ。

だから、時には耳にフタをすることも必要。

人生という旅は、どこへ行くかではなく、誰と行くか。

人生の中の大切な食事は、何を食べるかではなく、誰と食べるか。

「一生ディナーをともにすることのない人に何をいわれても気にする必要はない」

自分を守るため、時には聞かないという選択もある。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る