ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.3.1

服装への気くばり

作家の森村誠一氏の心に響く言葉より…

最近は、ファッションなのであろうか、年配の出席者が多いパーティーにアンダーウェアのようなものを着て出席する人もいる。

服装は個性であり、自己主張だという考えもある。

もちろん、服装も芸術であり、それはそれとして尊重すべきであろう。

わたしは、服装とは「武装」だと考えている。

どんな人と会っても失礼とならない服装をすることが、武装するということである。

オフィシャルな場で、スーツを身につけた人とアンダーウェアの人が会えば、多くの場合、アンダーウェアの方がコンプレックスを覚えるはずである。

ビジネスでは、だいたいゆるい服装のほうが負ける。

相手の服装を見て自分の服装に引け目を感じると、それだけで劣位に立ってしまう。

服装は、自分が相手をどれだけ尊重しているかということを反映する。

「あんな人はどうでもいい」のであれば、パジャマで応対しても構わない。

どんなに服装に無頓着でいい加減な人間でも、天皇陛下に拝謁を許されたら、その格好では絶対に行かない。

スーツを着て、ネクタイをしていればだいたいのケースでは十分であり、サラリーマンはその格好をしている。

どんな人と会っても互角に勝負できる。

ビジネスの場では、華美ではないが失礼ではないというのが、服装への気くばり。

この気くばりは礼儀でもある。

『男の気くばり』KKベストセラーズ


一流レストランのスタッフが以前、こう言っていた。

「お客様が気合を入れた服装で来てくださったときには、こちらも気合が入ります」

女性が着物などで来れば、それがどれだけ価値のあることか分かる。

誰かと会ったとき、敬意を払ってくれているかどうか分かるのは、まずは服装だ。

会社に、初めて会いに来た人がジャージのような服だったら、「軽く見られている」と思ってしまう。

伊勢神宮の正式参拝をするときは、男性なら礼装、もしくはそれに代わるネクタイとスーツ、女性もそれに順ずる服装が求められる。

どんなに有名デザイナーの高価な服であろうと、カジュアルだったらそれは認められない。

相手を大切に思うなら、服装はとても大事だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る