ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.2.22

ゆとりある武士を誉めよ

山口智司氏の心に響く言葉より…

豊臣秀吉は貧しい農民の子供でありながら、織田家の重臣として出世を重ね、天下人にまで上りつめた戦国大名。

戦において優れた才能を発揮した秀吉は、1590年、北条家の居城である小田原城を攻撃。

戦が長引くなか、6万6000人程度の北条に対して、20万以上の兵を誇った豊臣方には余裕があり、芸事にうつつをぬかす大名や、土を耕して青菜を植えさせている大名まで現れた。

たるんだ連中に厳罰を、と側近が秀吉に報告すると、秀吉はこう言った。

「あの連中は、ゆとりをもって戦場に臨んでいるのだ。立派なものだ」

秀吉は戦場で殺気立つことは一度もなく、秀吉の陣営はいつも笑い声が絶えなかったという。

秀吉は合戦一途になることをいましめながら、こう言った。

「戦場でゆとりある武士を誉め讃えよ」

一方で、秀吉は戦場で失敗した武士への罰は厳しかった。

すべては結果、なのである。

『壁をブチ破る 天才100の言葉』彩図社


スポーツの試合において、選手が必死の形相をしていないと怒る監督がいる。

試合前に笑い声が出たりすると、真剣さが足りないと思ってしまう。

しかし、陸上競技においては、「笑いながら走れ」という指導法があるくらい、リラックスすると不思議に記録が出るという。

「真剣」と「深刻」とは違う。

ことにあたって真剣さは必要だが、深刻になってはいけない。

せっぱ詰まったときほど、ゆとりがあるといい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る