ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.2.20

ただひたすら夢中になる

臨済宗相国寺派、有馬頼底管長の心に響く言葉より…

田中芳州(ほうしゅう)老師という素晴らしい禅僧がおられました。

ある時、老師がおられた禅堂の30メートルほどある廊下の屋根を支える柱が腐ってきたので、改修工事をしたのです。

そしてその腐った柱の一部が庫裏の裏に置いてあったのですが、それを雲水の一人が持ち帰って、中をくり抜いて花入れを作ったのです。

それを見つけた老師は、これは誰が作ったのかと尋ね、「私が作りました」と答えた雲水に、「今すぐ出て行け」と一喝したのです。

そう言われた本人が私のところにきて、

「なぜ出て行かないといけないのか」

と泣いていました。

なぜ、それがいけないのか。

禅宗の道場にきた若い修行僧が、他へ向けて心を移すということが、根本的に間違いなのです。

『臨済録』にある言葉ですが、「純一無雑(しゅんいつむざつ)」でないと駄目なのです。

修行に来ていながら、花入れをつくるという根性では駄目なのです。

ただ純一に、修行をしなければいけない。

集中して修行をする時は、他に心を奪われてはいけない。

今、取り組んでいることにひたすら夢中になること。

それは実は、とても難しいことでもあるのです。

千日回峰行という言葉をきかれたことがあると思います。

千日回峰行は、千日間、山道を行く。

それも駆け足で。

肉体をさんざん酷使する。

ところが精神的には、何もダメージを受けないといいます。

逆に嬉しくてしかたなくなる。

一番しんどいのは最初の方だけで、肉体的には相当ダメージを受けているけれど、精神的にはダメージを受けないから、身体が自然に動くのだそうです。

限界を体験することで、人間の能力は無限に引き出されるのですね。

『よろこびの禅』角川oneテーマ21


「花はただ咲く ただひたすらに 

ただになれない 人間のわたし」

(相田みつを)

ただひたすらに、何の雑念も抱かず「純一無雑」に取り組めば、何事もいつか必ず成就する。

しかし、その「ただひたすら」という心境になかなかなれないのが人間。

横道にそれたり、よそ見をしてしまったりする。

心がここにないフワフワした状態だ。

ただひたすらとは、死ぬ気になって本気でやる、ということ。

目の前の仕事に、ただひたすら夢中になりたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る