ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.2.18

チャンスは少数派にあり

森吉弘氏の心に響く言葉より…

既に周知となっているもの、トレンドになっているものを調べたって、あまり意味がないです。

ビジネスチャンスは、むしろ少数派にあるんです。

どんなに大きく成功したビジネスだって、最初は小さかったはず。

全部、小さいところから、大きくなっているわけです。

もちろん、その全てがヒットするわけではありませんが、数ある少数派の中から、いくつかが世の中のトレンドになっていく。

それが、世の中の仕組みです。

5人中3人がやっていることに目を向けるのではなく、5人中1人がやっていることに目を向けるべき。

それは将来的に面白くなる可能性を秘めています。

例えば、高校野球の甲子園常連校として有名な明徳義塾高校の吉田校長。

モンゴルからはじめて高校生を連れてきた人で、吉田校長も、多数派と同じことをやるのが嫌いな人なんです。

他の私立高校がやっているようなことをやったら、自分の高校は潰れると。

他ではしないことを導入して、みんなに知ってもらうんだと。

常にそう考えているんです。

現在のモンゴル出身の力士の活躍は、もう説明するまでもないですよね。

あと、もうひとつ私が学んだこと。

それは「周遅れはトレンドになる」ということ。

明徳義塾高校は、全員寮生活。

今時それをやっている学校なんて他になかった。

それが、気がつけばトレンドになってしまったんです。

時代遅れだったはずの寮生活が、周回遅れになって、時代の最先端となったのです。

世間を物差しにして、進んでいるとか、遅れているとか、そんなことは、どうでもいいことなんです。

いいと思ったことはやり続ける。

やってないことは、案外簡単に見つけられるんですよ。

大変なのは、それを実行するパワーです。

『ライバルに差をつける半径5m活用思考』フォレスト出版


トレンドやブームは、一般の多くの人が知るようになった時点で、もうピークに差し掛かっていると言ってよい。

「塩麹(こうじ)」や、「食べるラー油」がマスコミで騒がれはじめてから、始めても遅いのだ。

大事なことは、人がまだ目をつけていないことや、誰も見向きもしないようなことに取り組むこと。

それは、「人のやらないことをやる」ことであり、「人がやりたがらないことをやる」ことでもある。

「チャンスは少数派にあり」

少数派であることを恐れない人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る