ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.2.16

モノマネではなく挑戦を

イトーヨーカドーグループCEO、鈴木敏文氏の心に響く言葉より…

日本の小売業でも飲食業でも、物事を自分で考えずに、モノマネしたがるという傾向がいまでも続いています。

いってみれば、自分で考える力がないから、モノマネをしたがるのです。

いまは亡きソニーの盛田昭夫さんの言葉に「挑戦と努力」があります。

ソニーが他の日本の家電メーカーと違って、あれだけ世界に向って飛躍できたのは、挑戦があったからです。

他の企業の多くは、モノマネ型だったのに対して、ソニーはそれをしていませんでした。

昔のように、同じ柳の下に二匹目、三匹目のドジョウがいたときには、モノマネ型でも通用しました。

しかし、いまは他人がやっていない新しいことに挑戦し続けなければ、成長しません。

新しいことに挑戦するのは、相当な努力が必要になります。

リスクがあっても、常に昨日のやり方とは違うことに、挑戦し続けなければならないからです。

結果として、失敗したとしても、本人および組織にとって、よい勉強になります。

前向きな仕事として行なったことに対して、決して責めてはいけません。

責任を負わせ、責めていたら、前向きの挑戦は生まれません。

仕事には積極的な姿勢が必要です。

消極的な姿勢では、仕事にはならないのです。

『鈴木敏文 考える原則』日経ビジネス人文庫


「僕たちはエンジニアじゃなくて芸術家なんだ」 (スティーブ・ジョブス)


もし画家が過去の名作をマネして描いたら、それは模写という。

作家だったら、それは盗作。

ビジネスの世界だけ昔からモノマネが横行していたが、現代はモノマネでは食べてはいけない時代となった。

変化のスピードが激しくなり、一番手の本物は生き残るが、二番手以下のニセモノはすぐに陳腐化する。

真に革新的な商品とは、「初めて見たけれど、こんなモノが欲しかったんだ!」と人に衝撃を与えるモノ。

人は、人生というキャンバスに、思い思いの絵の具を使って、自分だけの絵を描き続ける芸術家。

モノマネではない、自分独自の人生を歩んでみたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る