ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.2.14

人間の体を壊す4つの条件

小林正観さんの心に響く言葉より…

人間の体を壊す4つの条件があります。

●酒

●たばこ

●暴飲暴食

これら3つは、それぞれ5%程度の影響で、この3項目の集積でも20%ほどしか関わっていませんが、実は次の4つ目の条件が、体を壊す要因の80%を占めているようです。

●不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句

というものです。

例えばいくら「健康食品」を食べていても、家庭内でケンカが絶えないことや、「あれは体に毒だ」「これも体に悪い」と否定的なことを言っていることのほうが、体を壊す影響が強い。

その健康食品はプラスには働いてくれないでしょう。

つまり、自分の体に入ってくるものに対して、批判的な言葉を加えれば加えるほど、体の中で毒になるということです。

そして、防腐剤や着色料が入っていても、「私の体の一部になってくれてありがとう。栄養になってくださってありがとう」と手を合わせ、何でも笑顔でバリバリ食べている人は、意外に元気なのです。

自分の想念というものは、実はとんでもなく強力に、自らの体をコントロールしており、私たちが何気なく言った一言によって、体はものすごく律儀に素直に反応しているということです。

『究極の損得勘定 損得で考える宇宙法則』宝来社


「不平不満」、「愚痴」、「泣き言」、「悪口」、「文句」という言葉は人に向って吐くものだが、実はそれが自分の体を一番、蝕(むしば)んでしまう、という不思議なことが起こる。

まるで鬼の形相で、他人に文句をいい、批判ばかりしている人は、つまり長生きできないということ。

この反対の生き方が、「ツイてる」、「うれしい・楽しい」、「感謝」、「幸せ」、「ありがとう」、「許します」という言葉を多用する人生。

どんなときも、感謝の気持で生きる人生をおくりたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る