ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.2.1

与えられた人生を

天台宗、酒井雄哉大阿闍梨の心に響く言葉より…

実際の年齢よりもずいぶんお若く見えますねえ、とか、お肌がきれいですね、どうしているんですか、とよく聞かれるけど、健康でいられるのは、毎日毎日同じように暮らしているのがいいんじゃないかな。

だいたい朝の3時半から4時ごろ起きて、滝に入って顔を洗って、バケツの水をずーっとお堂に配ってお清めして、本堂行ってお勤めをしている。

お客さんが来ればお相手したり、雑務などもして、夕方からお勤めして食事。

それから1、2時間ひと寝入りする。

夜の零時半くらいまで、あれこれ仕事して。

またちょっと寝て…。

それを毎日毎日繰り返し繰り返し、くるっくる、くるっくる、やってるんだよ。

食べる量は少ないかもしれないな。

一日二回、ソバや豆、野菜をちょっとずつ。

間食はしない。

あまりお腹すかないの。

お茶一杯飲めば一食したような感覚になっちゃう。

「二度の千日回峰行を経てどんな変化がありましたか」とよく聞かれるけど、変わったことは何もないんだよ。

みんなが思っているような大層なもんじゃない。

行が終わっても何も変わらず、ずーっと山の中を歩いてるしな。

「比叡山での回峰行」というものでもって、大げさに評価されちゃってるんだよ。

戦後、荻窪の駅前でラーメン屋をやっていたことがあるんだ。

今でも材料あったらチャッチャッチャッって作っちゃうよ。

今と同じですよ。

朝起きて、仕込んで、材料買いに行って、お昼にお店開けて、夜中に店閉めて、寝て、6時ごろに仕込みして。

くるくるくるくる…。

もしここに屋台あったらラーメン屋のおやじだな。

形は違うけどやってることは同じなんだよ。

人間のすることで、何が偉くて、何が偉くないということはないんじゃないかな。

仏さんから見ればみんな平等。

自分の与えられた人生を大事に、こつこつと繰り返すことが大事なのじゃないのかな。

みんなさ、背伸びしたくなるの、ねえ。

自分の力以上のことを見せようと思って、ええかっこしようとするじゃない。

だから、ちょっと足元すくわれただけでもスコーンといっちゃう。

自分の身の丈に合ったことを、毎日毎日、一生懸命やることが大事なんじゃないの。

人間から見た偉いとかすごいとかなんて、仏さんから見れば何も変わらないから。

『一日一生』アサヒ新書


酒井雄哉大阿闍梨は、1926年生まれの87歳。

太平洋戦争時、予科練へ志願し特攻隊基地で終戦を迎える。

戦後職を転々とするがうまくいかず、途中奥さんの死もあり、40歳にして仏門に入り、得度する。

約7年をかけて約4万キロを歩く「千日回峰行」を2度満行した。

なんと2度目の満行は、60歳のとき。

千日回峰行は、途中たった一日でも挫折したらその場で自害するために、首に巻く細紐と短剣を持ち歩く荒行。

2度の千日回峰行を達成した人は1000年の歴史を誇る比叡山でも3人だけで、現存する世界でただ1人の行者だ。

我々は、何か劇的なことがあるのが人生だと思ってしまう。

テレビのドラマにあるような波乱万丈の人生を夢見る。

しかし、淡々とした毎日であろうが、ドラマチックであろうが、それは天から見たらたいした違いはない。

むしろ天の仏様や神様が見ているのは、与えられた人生を、愚痴や文句を言わずに一所懸命やっているかどうか。

今生の与えられた自分の人生に感謝し、こつこつと努力したい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る