ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.1.30

ゴーストライターの仕事

水野敬也氏の心に響く言葉より…

あるところに、ジョークを考えるのが好きな高校生がいました。

彼がそのジョークを新聞社に投稿していたところ、広告代理店から「君の書くジョークは面白いから、仕事をしてみないか?」と誘われます。

しかし仕事内容は、彼が考えたジョークを有名コラムニストたちのコラムの中で使うという、いわばゴーストライターの仕事でした。

劇作家になることを夢見ていた彼は「いい足がかりになるはずだ」といつも自分に言い聞かせ、毎日学校帰りの電車の中で50個ほどのジョークを書いていたそうです。

そして彼が映画監督になってからも、当時のペンネーム『ウディ・アレン』は使われました。

巻かれることは屈することではありません。

その合間に力をためておきましょう。

『人生はワンチャンス!』文響社


ウディ・アレンの言葉…

■自信とは、問題の本質を理解していないときに現れるものだ

■死ぬのは怖くない。ただ事が起こる時、そこに居合わせるのがイヤなんだ

■長続きするたった一つの愛は片想い

アイデアは出し惜(お)しみせずに、出し続ける人にわいて来る。

情報も、出し惜しみしないで出し続ける人に、結局は集まってくる。

たとえ最初はゴーストライターや影武者のような仕事であろうが、目の前の仕事に一所懸命に努力すれば、やがてそれが自分の実力となる。

情報でもアイデアでも、出し惜しみするようなケチくさい人は大成しない。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る