ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.1.25

“いいとこ”を見つけられる人

斎藤一人さんの心に響く言葉より…

みんな、いいかい。

東京にいるときは、「東京って、いいところですよ」っていうんだよ。

タクシーがたくさん走ってるから、手をあげればすぐタクシーに乗れる、とか。

東京にいながらにして全国の郷土料理、世界中の料理だって食べられる。

夜の夜中でも、フランス料理を食べられるんだよな。

今度、千葉へ行ったら、「千葉って、いいよね」って。

海もあって山もあって、いろんなアウトドアのレジャーを楽しめるし、リラックスできるし、こうで、こうでって、千葉の“いいとこ”をいうの。

新小岩に行けば、「新小岩、サイコー!!」なんだよ。

こんなふうに、その場、その場で“いいとこ”を見つけるの。

そしたら、“いいとこ”をほめる。

そうすると、地元の人も喜ぶし、そこの土地の神さまも喜ぶんだよ。

それから、少ないなかから“いいとこ”を見つけ出せる人間は、人のこない場末で商売をしてても、

「ここで何やったらいいだろう」

というのがわかる。

不況がきても、世間が、

「不況になって、ヤんなっちゃう」

ってマイッタしてても、自分はマイッタしないの。

「不況は不況で、必ず“いいとこ”があるんだ」って。

コインだって、必ず裏と表があるんだよ。

裏だけのコインとか、表だけのコインってないだろう(笑)。

不況だろうが、必ず“いいとこ”があるの。

それを見つけられるようになったら、

「不況だからこそ、こういう“いいとこ”できるじゃん」

ってなるんだよ。

どこに行こうが、今、自分がいるところを「素晴らしい」って、いえるんだよ。

『斎藤一人 自分さがしの旅』KKロングセラーズ


“いいとこ”を見つけるのが上手(じょうず)な人は、どんなに最悪だと思える状況の中でもそこに、“いいとこ”を見つけることができる。

これがヘタな人は、全然見つけることができない。

この上手かヘタかは、考え方の「習慣」または、「クセ」と言っていい。

神社では、神事において祝詞(のりと)が奏上(そうじょう)される。

この祝詞の起源は天岩戸(あまのいわと)の神話にまでさかのぼるという。

天照大神(あまてらすおおみかみ)が、天岩戸にお隠れになったとき、天照大神が出てくるよう、その美しさや偉大さをほめ称(たた)えた。

古来、日本では「言霊(ことだま)の幸(さきわ)う国」と言われるように、言葉には霊力が宿るとされてきた。

だから、祝詞には人が嫌う言葉、すなわち忌(い)み言葉は使われず、感謝や祝福やほめ言葉が使われている。

人でも土地でも、けなしたり悪口を言う人は、最後はみんなを敵に回すことになる。

“いいとこ”を常に見て、どんな時でも、ほめ称えることができる人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る