ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.1.19

自分は自分の主人公

東井義雄先生の心に響く言葉より…

【自分は自分の主人公】

自分は自分の主人公

世界でただ一人の自分を創っていく責任者


九(苦)をのりこえなければ

10のよろこびはつかめない

九九を通らなければ

100のしあわせは得られない


ほんものと にせものとは

見えないところのあり方で決まる


ほんものはつづく

つづけるとほんものになる


すべて見える世界は、それの幾層倍もの

見えない世界にささえられて

そこに存在している


尊いもの 美しいもの 善なるものも

みんな謙虚な人のところへ集まってきて

その人のものとなる


二度とない人生。二度とない今日ただ今。

生きているということは

どんなにすばらしいことなのか

どんなにただごとではないことなのか


いちばん身近な人のおかげが見えないようでは

しあわせにはめぐりあえない


亀は兎になれない

しかしそのつもりになって

努力すれば

日本一の亀になれる

君は 君をりっぱにする

世界でただ一人の責任者なんだね

『森信三先生講述 中・高生のための「人間の生き方」−人間学小門−』(寺田清一編)親子教育叢書



自分の責任者は自分。

だから、失敗も挫折も、不運も、起きてしまったすべての結果は、人のせいにすることはできない。

自分自身を一個の会社とするなら、自分は社長だ。

全ての決定と、その結果の責任は自分が取らなければならない。

氷山の見える部分は全体の10%に過ぎないという。

これはヒット商品や成長している会社とも似ていて、見えている部分は華々しいが、実は、見えない部分にこそノウハウや努力の結果が隠れているということになる。

「ほんものはつづく つづけるとほんものになる」

努力の積み重ねなしに、本物に近づくことはできない。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る