ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.1.14

おもしれぇことあったか


岩堀喜之助の心に響く言葉より…

岩堀喜之助は1910年、神奈川県小田原に生まれたマガジンハウスの創業者。

中学卒業後、新聞記者を目指した岩堀は、家族の反対を受けながら家出して上京。

明治大学政治学部に入学し新聞部に入るが、学費が払えなくなり、退学となる。

戦後間もない1945年に設立したのが、平凡社だった。

食糧難に苦しむ時代に、大衆に活字で知識を提供する出版業に乗り出すのは、あまりにも無謀のように見えたが、岩堀が創刊した芸能娯楽誌「平凡」は3万部という爆発的なヒットを生み出した。

「おもしれぇことあったか」

これは、岩堀の口癖の1つ。

人に会うたびにこう尋ねていたという。

岩堀はこうも言っている。

「好奇心を持って物事を見ていると必ず面白いことがある。

それがないのは見付け方が悪いんだ」

『経営者100の言葉』(山口智司)彩図社


他人(ひと)の頭を活性化する最高の方法は、何かを聞き続けることだ。

聞かれれば、考えて何かを答えなければならない。

また、「面白いこと」を見つけるのにとびきりの訓練は、ブログとかメルマガなどで「面白いこと」を発信し続けること。

発信するためには、何かネタはないかと常に探すようになる。

アウトプットすることは、すなわちインプットすること。

そして、面白がるのが上手な人に、面白い情報は集まる。

どんなに面白い話でも、つまらなそうに聞く人には、話す情熱は失せてしまう。

いつでも、どこからでも、「面白いこと」を見つけられる人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る