ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.12.14

勉強をつづける人


井上裕之氏の心に響く言葉より…

先日、高校時代の同窓会に参加しました。

そろそろ50代が迫っている年代ですから、みな、いいおじさん。

卒業から30年近くがたったいま、社会的ステータス、収入ともに驚くほどの差が出てきています。

その差がどこで生まれるのか。

どこで差がつくのか。

はっきりいえるのは、学生時代の成績はほとんどアテにならないということです。

その差を生むのは、行動力だと私は考えています。

誰でも向上したいという気持ちをもっています。

やりたいこともいっぱいあるはずです。

そんな思いを抱いていながらも、多くの人は、「いつか…やりたい」という言葉で終わってしまうのです。

あるセミナーで出会った参加者の一人、大手企業の社長さんでしたが、この方から、

「井上君、50歳までは勉強をしなさい。

そこまで勉強をつづける人はいないから、50歳まで勉強していると、もう後を追いかけてくる人はいなくなって、間違いなくトップランナーになれますよ」

といわれた言葉はいまも脳裏に深く刻み込まれています。

『「学び」を「お金」に変える技術』かんき出版


「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」

とは、作家の井上靖氏の言葉だ。

人の3倍成功したかったら、3倍努力するしかない。

世の中に、「楽して成功する」、というような魔法の方法はない。

自分の与えられた環境に文句をいわず、ただひたすら努力と、勉強を続けること。

努力という行動なしには、夢は実現しない。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る