ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.11.28

功を焦(あせ)る


門昌央氏の心に響く言葉より…

家康がめきめきと売り出していたころのこと。

ある大名の家来が、戦場で首を取ったので、自分の主人をすっとばして、いきなり、家康のところへ見せにきた。

そして得々と、自分の戦いぶりを話した。

家康に認めてもらおうと思ったのだろう。

家康は終始、ニコニコして聞いていたが、その男の話が終わるとこう聞いた。

「おまえが戦っているとき、おまえの主人はどこにいたのだ?」

「知りません」

この男は、自分がしたことの意味がわかっていなかった。

そう思った家康は、「主人にここにくるように言え」と命じた。

男は、勢いづいて走りさった、主人に自分のことをほめてくれるだろうと思ったからだ。

主人がやってきたので、家康はこう言った。

「今、こういう男がきて、これこれの報告を聞いた。しかし、わしは気に入らない。すぐ、あの男をクビにしなさい」

主人はびっくりした。

そして、

「なぜ、あれだけの手柄を立てた男をクビにしなければならないのですか?わたしは、あなたにお願いして、あなたにも認めていただけるなら、出世させようと思っていたのですが」

そう自分の考えを述べたが、家康は首を振った。

「いや、反対だ。あの男はあなたの旗本だった。しかし、自分の持場を離れて、功を焦り、自分の手柄だけを考えて、敵の中に切り込んでいった。あなたが襲われたら、いったいどうするのだ?自分の責務を忘れて、ただ自分だけの功名に走るような部下はわたしは嫌いだ。だからクビにしろというのだ」

『「要領が悪い人」ほど成功する!』成美文庫


功を焦(あせ)って、自分だけよくなろうとしている人間は、まわりが見えていない。

自分の損得だけを考える、自己中心的な人になってしまっている。

「功をあせるな。悲観するな。もっと根を深く張るんだ。根を深く掘れ!」(升田幸三)

自分の損得など考えず、黙々と自分の根を深く掘る人にはいつか光があたる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る