ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.11.5

真のサービスマンをめざす

ゼットン代表の稲本健一氏の心に響く言葉より…

飲食業界に飛び込むのは簡単。

学歴や職歴がなくても、飲食店で働くことはできます。

でも、長く続けるのは、根っからのサービスマンじゃないとできない。

「人を楽しませたい」という強い思いが必要です。

これは誰にでも備わっているわけではない。

サービスマンとは職業ではなく、人の性質。

もっと言えば、生き方です。

店にいる時はお客さまに気を遣うけれど、家に帰ったら横柄になる。

それは本物のサービスマンではありません。

店だろうが、家だろうが、24時間サービスマン、命が果てるその瞬間までサービスマン。

そんな人をめざしてほしいと思います。

飲食店は忙しい。

その中で

「あの人、いま楽しそうじゃないな。一言かけてみよう」

「お皿が汚れてるから、すぐに替えないと」

「グラスが空だからお酒を注ぎに行かなきゃ」

と、さまざまなことに気を回さなければならない。

一日中、気を張っていなければならないのが飲食業です。

ヘトヘトになって帰る時にも、守衛のおじさんに笑顔で「お疲れさまでした」と声をかけ、家に帰ってからは常連さんに「今日はありがとうございました」とメールを書いておく。

そんなことを楽しめる人が真のサービスマンであり、飲食業に選ばれる人です。

この才能のある若い人たちには、どんどん飲食業に入ってきてほしい。

そして、真のサービスマンをめざしてほしいと強く思います。

そして才能のある人は、継続できるように自分を磨くこと。

笑顔を忘れないこと。

『飲食業はもう二度とやらない』柴田書店


サービスマインドは、飲食業に従事する人だけに必要なわけではなく、いつでも、誰にでも必要なこと。

サービスマインドのある人は、気配りや、人を喜ばせようとする気持を持っている、真のサービスマンだ。

いくらお店でニコニコしていても、近所の人や業者の人に対して、横柄で挨拶もしなかったり、外では不潔でだらしない格好だったりしたら、サービスマンは失格だ。

人の価値や値打ちは、仕事の場だけで評価されるわけではなく、プライベートの場でもしっかりと見られていることを知らなければいけない。

むしろ、仕事が終わった後の、気を抜いた時間の方が、その人の本当の姿が分かる。

自分というブランドを高めたいなら、24時間、人から見られていることを意識する必要がある。

仕事でもプライベートでも、真のサービスマンでありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る