ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.10.24

人生は喜劇と決める


斉藤一人さんの心に響く言葉より…

一人さんは「自分の人生は喜劇」と決めてるの。

だから、オレの人生、おもしろくてしょうがない。

何が起きてもおもしろいんだよ。

だって、オレは、喜劇なんだよ。


だけど、なかには「悲劇」と決めてきている人もいる。

そういう人の人生って、なんでも悲しくて、何しても泣くんだよ。

だけど、その悲しいドラマ、本当は、いとも簡単に変えられるの。

脚本、変えればいいんだよ。

それで、オレたちはね、主役で脚本家なんだよ。


だから、一人さんは、たとえ、ものすっごい苦労がきたって、「笑い」なんだよ。

ふつうの人なら自殺しちゃうようなことでも、オレだったら大笑いなんだよ。

なぜかというと、「喜劇だ」って決めてるから。


だから、おかしくてしょうがない。

いろんなことが起きるとね、おもしろくてしょうがないんだよ。

この世の中ね、おもしろいと決めれば、全部おもしろいんだな。

だから、みんなも、自分の人生、自分で決めたほうがいいよ。


自分の人生な、成り上がりでもいいんだよ。

ウチにはお金がないんです…ということは、成り上がりになれるんだよ。

あのな。

昔から、代々お金持ちの家はお上品、と決まってるんだよ。

オレたちは成り上がり。

成り上がりには、成り上がりのよさ、というのがあるんだよ(笑)。


外車を買って、いい女を隣に乗っけて、って、成り上がりじゃなきゃできないことがあったりするんだよな(笑)。

それをいちいち「自分は成り金だから」とか、いっちゃいけない。

成り金は、お客さんを喜ばせて利益を出して、雇用を作って、って。

正当なる努力をして成り金になったんだから、エライんだよ。


人生は、楽しむ気になりゃ、どんなことをしても楽しめるんだよ。

だから、自分が主役、主導権を握ってないとダメだな。

『斉藤一人 自分さがしの旅』KKロングセラーズ


人は人生という舞台では、誰も自分で脚本を書き、自分で主役を演じている。

舞台には、喜劇や悲劇もあるが、人情劇、冒険活劇、愛情劇、狂気劇、復讐劇など、色々ある。

その舞台の脚本を、どんなものにするのかは、全て自分で決められる。

喜劇の主人公を演じるのもいいし、悲劇のヒロインを演じるのも自分の勝手だ。

だが、できることなら大笑いの喜劇の方が気分がいい。

どんなに悲惨な場面でも、その状況を楽しめる人がいる。

全て自分で決めたこと、と肚をくくって、人のせいにしない人は、どんな状況でも楽しめる人。

また逆に、こんな事になったのは自分のせいではない、と他責の人は、文句ばかり言って、嘆く人。

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」と言ったのはチャップリン。

喜劇を演じるなら、細かいことは気にせず、時に、遠目で、ぼんやりとながめることも必要だ。

一度しかない自分の人生、笑いで満載の喜劇と決めて生きてみたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る