ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.10.21

どうやったら、面白くなるんだろう


坂口孝則氏の心に響く言葉より…

笑い話がある。

「野球選手がエラーをしないためにはどうすればいいか」。

答え「試合に出ない」。

このように、「ない」と否定形を使う答えは使用しない。

それは答えになりえないからだ。

たとえば、「仕事がつまらない、どうしよう、どうしよう」と悩んだとき、「こんなくだらないことがある」「あの上司も最低だ」「自分の仕事を評価してもらえない」と次々と不平不満が頭のなかを巡りだす。

そのときに、どうせ何をやったってダメだからと、「仕事をしない」ことを答えにしてはいけない。

「なぜこんなに仕事はつまらないだろう」という質問から、すべて「どうやったら、仕事が面白くなるんだろう」と変換するのだ。

これはささいなことに思うかもしれないけれど、非常に大切な転換だ。

また、「ダメだ、ダメだ。どうしようもない」と考えてしまい、ある種の不安にさいなまれることがある。

私は、この絶望や不安というものを否定したくない。

必要なのは、そのような感情が浮かぶことを肯定したうえで、「ダメでも、絶望的でも、どうしようもなくてもいいから、何かすべきことはないかなあ」と問うことだ。

もちろん状況は一変しないかもしれない。

諦観をもったうえで、ただそれでもなお、現状を静かに見つめ未来への思索を考える。

『モチベーションで仕事はできない』KKベストセラーズ


質問の仕方は大事だ。

ネガティブな質問をすれば、ネガティブな答えが返ってくる。

逆に、ピンチを乗り越えたり、心を軽くするポジティブな質問もある。

「この状態で感謝できることは?」(ピンチをチャンスに変える51の質問)より

どんな最悪な状態になっても、感謝できることを見つけることはとても大事だ。

片足を骨折したと嘆くより、片足以外は全部無事だったことに感謝する、という姿勢だ。

「どうやったら、仕事が面白くなるんだろう」

「今がどんなに絶望的でも、何かすべきことはないだろうか」

未来につながるポジティブな質問は、心が晴れ明るくなる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る