ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.9.28

ゴールしたときが始まりのとき


アルボムッレ・スマナサーラ師の心に響く言葉より…

景気がいいとき、商売が繁盛しているとき、ものごとがいい方向に着々と進んでいるとき、人は舞い上がって、気を緩め、安心感に浸ります。

ところが、状況は急に変わります。

平和ボケした人はピンチに対応できないので、いざというときに失敗の憂き目を見ることになります。

この世のすべてが変わり続ける真理、「無常」を知っている人は、つねに状況を観察をしているので、有事のときの対応のしかたを発見できます。

だから、失敗もしません。

男女を例にとると、「永遠の愛」を誓って結婚した二人は、安心し、怠けるようになります。

やがて無残にも、永遠であるはずの愛は壊れてしまいます。

無常を知っていれば、結婚後も努力します。

お互いの愛を継続するには、いたわりあわなければならないことがわかっているからです。

そんな二人ならば、ピンチも一緒に乗り越えられます。

結婚は婚姻届を出したら終わりではありません。

「永遠の愛」なんて、ウソっぱちなのです。

『こころを清らかにする言葉』イースト・プレス


この世の中のあらゆるものは、ひとしく同じところにとどまることなく、常に変化し続けている。

つまり、永遠不変のものはない。

このことを、仏教では、「無常」という。

無常を説くお釈迦さまは、「何かをやって成功したら、次にはそれを捨てなさい」と、おっしゃっている。(同書より)

一つの成功にとらわれていては、新たな発想ができず、次の段階へのスタートがきれないからだ。

だから、ゴールしたときが、まさに始まりのとき。

商売にしても、人間関係にしても、うまくいっているときに人は慢心し、努力を怠(おこた)るようになる。

どんなときも、「人生は今日が始まり」、の気持ちで日々精進をしたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る