ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.9.23

自慢話をする人


さいふうめい氏の心に響く言葉より…

ギャンブルで勝ったり、異性にもてたりすると自慢したくなるのが人の常。

ところが、それは運の女神の落とし穴である。

人間を試しているのだ。

競馬で勝った話の大きい人は、あとになってみると借金地獄で苦しんでいることがある。

また、もてた話を自慢する人は実際は、異性に人気がなかったりする。

実は、自慢話をすると、ツキがどんどん逃げていくのだ。

心に油断ができるのも一因だろう。

そして、自慢話をする人は、人に煙たがられる。

自慢話は、聞くほうは心地好くはないものである。

だから、周りが後押しをしなくなるのである。

同じ条件のふたりがいて、周囲に好かれる人とそうでない人がいたら、結果は火を見るより明らかである。

自慢話と同じようにツキが逃げるものに「威張る」というのがある。

力のある人は、自分から威張ることはない。

静かにしていても、周りが認めてくれるから、威張る必要がないのである。

ところが、ある程度年をとり、周囲の同じ年代の人が、若い人に尊敬されているのに、自分が尊敬されていないとよく威張りたがる。

威張っていないと、存在感が誇示できないのである。

これは始末が悪い。

『運の法則を読む』サンマーク文庫


自慢話をしたり、威張ったりする人は、自分のことを認めてもらいたくて仕方がない人だ。

褒めてくれる人や、自分を認めてくれる居場所を持っている人は、テングになったりはしない。

聞いていてうんざりする自慢話には…

「学歴自慢」

「仕事の忙しさ自慢」

「著名人、有名人を知っている自慢」

「車や時計など持ち物自慢」

「一番になったとか、過去のすごかった自慢」

たとえ実際に、すごい自慢ネタがあったとしても、自らそれを口にしたとたん、つまらない自慢話になってしまう。

失敗ネタなら笑えるが、自慢話は一文の得にもならない。

謙虚で周囲に好かれる、運を引きよせる人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る