ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.9.21

名将に武勲なし


矢沢永一氏の心に響く言葉より…

最近、銀行強盗が流行っている。

強盗が入ってきて、それを勇敢な社員が捕まえた。

それは実に立派なことだと、その社員は表彰された。

しかし、はたしてそれが本当に喜ぶべきことでしょうか。

銀行強盗に入るには、たいてい下見に入っている。

その銀行の守りが堅固だったら、強盗は「これはダメだ」と思って、おそらく諦めるだろう。

その結果として、銀行は無事である。

そのように持っていける支店長が、実は最高の存在なのです。

「故(ゆえ)に善く戦う者の勝や、智名無く」

どんな会社でもそうです。

実際、その人が会社を支えているような立派な人がいるものですが、その人は持て囃(はや)されない。

一方に、パフォーマンスが好きな社員がいて、そんな類のことを喜んでやる。

世間ではみんな「彼は優れている」と言うけれども、本当は優れているのではない。

むしろ目立たないところに、優れた人物がいるのだということです。

企業であれ、学校であれ、どこにでもそういう人がいますね。

勝って当たり前のような勝ち方をしているから、目につかないということで、大石蔵助がまさにその標本です。

「戦争の上手な人が勝っても、その智謀が優れているという評判もなければ、武勇による功績もありません」

というのは、つまり目につきやすい功績は、真の功績にあらずということです。

勝つか負けるか予断を許さないというような、鍔迫(つばぜ)り合いの決戦に持ち込んで、奮闘のすえ辛うじて勝ったという場合、その指揮者を名将と言えるか、という問題があります。

応えは、否、です。

本来あるべき名将は、事態をそのような危機に持ち込む以前に、敵が戦いを挑(いど)んでくる余地のない情勢をつくりあげるでしょう。

だから、名将に赫々(かくかく)の武勲(ぶくん)なし、というのです。

『孫子・勝つために何をすべきか』“矢沢永一・渡部昇一”PHP文庫


戦国時代の剣豪の塚原卜伝(ぼくでん)に次のような話がある。

ト伝が船に乗っているとき、途中から若い武芸者が乗ってきた。

武芸者は、高名なト伝が乗っていると知るや、決闘を申し込んだ。

ト伝は、のらりくらりとかわしていたが、ト伝が臆病風に吹かれたと思った武芸者は、ますます図に乗って挑発した。

まわりの乗客の迷惑になるの気にしたト伝は、仕方なく、近くの小島で決闘することに同意する。

船が小島に着き、先にその武芸者を降ろしたト伝は、船頭から受け取った棹で陸地を一突きして、さっさと島から船を出した。

一人、小島に残された武芸者は大声で罵ったが、ト伝は「戦わずして勝つ」と言ったという。

「匹夫(ひっぷ)の勇(ゆう)」という言葉がある。

思慮が浅く、ただ血気にはやってがむしゃらに行動するような、つまらない勇気のことを言う。

自分に相当自信がある人は、往々にして、目立つことや、派手なことを好む。

本当は、世の中には、上には上があるのだが、それを知らずして、己の力を誇示する人は恥ずかしい。

真に実力のある人は、戦わずして勝つことを目指す。

「名将に武勲(ぶくん)なし」

目立たず、褒められることもないのが、真の実力者だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る