ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.8.21

最悪になってよかったこと

斎藤茂太氏の心に響く言葉より…

がんと向き合う姿勢が、ずいぶん変わってきた。

アメリカでは代替医療(西洋医学で認められた治療法以外の治療法)が保険請求の対象として認められるようになっているほどで、漢方薬はじめ、気やイメージ療法も大きなウエイトを占めるようになっている。

そうした代替療法の中で最も広く知られている一つが、サイモントン療法だ。
サイモントン療法の第一プロセスは、なんと「がんになってよかったこと」を数えあげるというものだ。

誰だって、がんになってよかったことなんかないと考えてしまいそうだ。
だが、よく考えてみると、誰にも、その答えは見つかるという。

どんな状況でも、ポジティブモードに切り換えれば、ポジティブなファクターは見えてくるものだ。
ついでにサイモントン療法を紹介すれば、その次の段階では、目を閉じ、瞑想状態に入って全身をリラックスさせる。

次のステップは、イメージのスクリーンをいっぱいに広げ、自分の細胞ががん細胞と戦い、みごとな勝利をおさめている様子をイメージする。
悪性の脳腫瘍になったある少年は、このサイモントン療法だけで悪性腫瘍がきれいに消えてしまったそうだ。

サイモントン博士の診療所の患者のデータは、ほかのがんセンターの同じような進行がんの患者にくらべて、平均寿命は二倍も長いという。
精神にはこのように、信じられないようなパワーも秘められているものだろう。

『いい言葉は、いい人生をつくる』成美文庫


最悪だと思うしかないようなことの中にも、探せば良いことを必ず見つけることはできる。
それを、美点凝視(ぎょうし)といい、短所ではなく長所を見つめることだ。

つまり、どんなにひどい状況においても、そこに感謝できることを探すこと。
すると、気持がポジティブになり、心に余裕もでてくる。

いままで当たり前だと思っていたことにも、感謝の気持がわいてくる。

自分が最悪の状態になってしまった、と感じたら…
「最悪になってよかったこと」を数えあげれば、心と体に信じられないようなパワーがみなぎってくる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る