ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.8.18

自分が前例になればいい

ジョン・C・マクスウェル氏の心に響く言葉より…

いまから30年ほど前、映画監督のジョージ・ルーカスは、ハリウッドの大物ダグラス・トランブルに会った。
彼は特殊効果撮影のエキスパートだった。

トランブルはスタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』を担当し、スクリーン上で初めて現実味のある宇宙旅行を表現して見せた人物だ。
当時のルーカスは若く、経験も浅く、劇場公開になった作品は2本しかなかった。

しかし、批評家から絶賛され、大きな収益を上げた『アメリカン・グラフィティ』で、すでに脚本家、監督としての腕は証明済みだった。

ルーカスには新しい映画のビジョンがあった。
それは型破りな冒険物語とアーサー王伝説と西部劇の3つを合わせたようなSF映画だ。

しかし、トランブルはまだ若いルーカスを相手に、そんなことは技術的に不可能だと言って聞かせて、追い払ったのである。
ルーカスは、その分野の「エキスパート」から否定されても、いっこうにあきらめる気配はなかった。

彼の心の目には自分の求めているものが見えていた。
前例はなかったが、必ず実現できると信じていた。

トランブルのところで働いていた若き映画製作者ジョン・ダイクストラも、ルーカスのビジョンを信じた一人だった。
ルーカスは彼を雇い、試行錯誤が繰り返され、2年の歳月を経て完成したのが『スターウォーズ』だった。

ルーカスは夢を実現する秘訣とは「不可能なことと前例のないこととの違いを理解することだ」と言う。
ルーカスにとってはどんなことも可能であり、たいていのことは前例がないだけなのだ。

それが「不可能を可能にする人」のものの考えた方なのだ。

できそうな気がするなら、勝負は半分勝ったようなものだ。
できないと思うなら、もうすでに戦いには負けているのだから、どんなに努力をしても無駄である。

『その他大勢から抜け出す成功法則』(齋藤孝訳)三笠書房


人は経験を重ねれば重ねるほど、自分の体験から物事を考えがちだ。
しかし、時代が大きく変革する時は、過去の成功体験も、かえって障害となる場合が多い。

「前例踏襲(とうしゅう)主義」とは、役人根性や大企業病を揶揄(やゆ)するときに使われる言葉だが、踏襲ではなく、前例打破でいかなければ、革新的な商品や作品なり、事業を創造することはできない。

「未来に前例はない。迷ったら新しい道を選べ」(山本寛斎)
だから、「自分が前例になればいい」、という。

前例がないことは不可能なことではない、と肝に銘じたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る