ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.7.23

何かをしでかす

オリックスCEOの宮内義彦氏の心に響く言葉より…

『「何かをしでかす」のが企業トップ』

本来、企業のトップというのは事業家であり、戦略家であり、いわゆるやり手で、何かをしでかすような人でなければいけないと思います。

ところが、官僚型の、何も仕掛けない人がトップになることがあります。

「円満で頼れる人だ」というのが周囲の評価ですが、現状維持を望む人たちに頼られてしまったら、意識や社内組織を変えようと思ってもできないでしょう。

企業の経営者は、創造力と実行力を兼ね備え、たくましく新しいものに挑戦し、収益につなげるのが職能です。

この機能を果たすために、経営資源を有効に組み合わせ、新しい富を社会に送り出さねばなりません。

『世界は動く』PHP


大成功した人物は、その過程の中で、大失敗や大きなヘマもしている。
とんでもないことや、困ったことを、しでかしてしまうからこそ、そこに人間味がある。

行徳哲男師に、こんな言葉がある。
「現代人はあまりにも分別くさい。
きれいごとに過ぎる。
きれいごとに過ぎると偽装と欺瞞(ぎまん)がはじまる」

格好よくやろうとすればするほど、うわべをかざり、心の中の叫びや、本当の気持が出てこない。
きれいごとは、取り繕(つくろ)うことであり、心にウソをつくこと。

分別くさい人は、「何かをしでかす」ことはない。
ゆえに、あっという驚きや、大きな感動もない。

あいつなら、何かやってくれそうだ、と期待される人…
「何かをしでかす」くらいの、熱い情熱を持った人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る