ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.7.17

見放される前に見放す

バルタザール・グラシアンの心に響く言葉より…

《見放される前に見放す》

自分が落ち目になるのを待っていてはいけない。
見放される前に見放すのが賢者のやり方である。
最後は勝利で飾るべきだ。
(グラシアンの言葉)

いつも良いポジションを確保できるとは限らない。
より多くの人間が関わり、より多くの思惑(おもわく)が働けば、ますます人間関係は複雑化し、
どれだけ根回しをしても思い通りの立場を射止めにくくなる。

ときには、貧乏くじが回ってきて、運気が下り坂になりそうなときもでてくるだろう。
それはあなたの能力の問題ではなく、単に運の問題だ。
自分で管理できない問題なので、運が落ちてきたときの対策を考えておいたほうがいい。

グラシアンの教えはこうだ。
「しばしば太陽は、沈みゆく姿を見られぬよう雲に隠れる。
もっとも輝いているときに身を隠すことさえある。
そうすれば、見ている人は太陽が沈んだのかどうかわからない」

もし、運が悪く災いが少しでも起こりそうなら、その場所からすぐに撤退しよう。
積極的に見放すべきだ。

落ち目になりそうなときは、とにかく厄介なことを避け、身を守ることを第一に考える。
そして、運気が上がるのを待つのだ。

「賢明な調教師は馬がレースで転んで笑いものになる前に引退させる。
また、美人は早めに鏡を割っておいたほうがいい」
とは、グラシアンの警句である。

『本当に役立つ「人生の知恵」ノート』イースト・プレス


バルタザール・グラシアンは、17世紀スペインの哲学者であり、イエズス会の修道士、そして著述家だ。
そして、ニーチェ、ショーペンハウアー、ヴォルテール、森鴎外など多くの偉人に影響を与えたという。

人生のあらゆる局面において、もっとも難しいのが出処進退だ。
年を取ってからだけでなく、若い頃でも、何かの役職についたら、それをいつまでも放さない人がいる。

そういう人は、みな異口同音に「あなたより他に人がいない」、「まわりから引きとめられている」
などと言われたことを真に受けている。
そして、だらだらと長く役職にしがみついて、疎(うと)んじられ、嫌われるまで気づかない。

これは、恋愛でも、友だちや、サークルやあらゆる会合の人間関係でも、同じことがいえる。

「見放される前に見放す」ことで、余裕ができ、自分を客観視することができる。
ときには、こだわりを捨て、手放すことも必要だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る