ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.6.20

要(かなめ)の人間を大切に

西田文郎氏の心に響く言葉より…

私は若い頃、人生の師に、成功するための人との付き合い方を教えられたことがある。
そのときに、いただいた言葉が「要(かなめ)の人間との付き合いを大切にしろ」というものだった。

人間関係の中には、要になる重要な人物が必ずいるものだ。
強運の持ち主になりたければ、まずその要の人間を大切にしなければならない。

たとえば、扇子の中心には要がある。
この要がはずれると扇子はバラバラになる。
人間関係もこれと同じなのだ。

愚かな人間は、この重要性をわかっていない。
要を大切にせずに、新しいもの、派手なもの、目立つものを好んでしまう。

そういう表面的な人間関係を続けていると、その人にせっかく成功する素質があっても、
いずれ必ず人間関係でつまずいてしまうものだ。

私は若い頃から師の教えを忠実に守り、要の人物を大切にしてきた。
今、自分の人生を振り返ってみても、師の教えは正しかったと断言できる。

あらためて師の言葉を贈ろう、要の人間を見極めてその人とじっくり付き合うんだ。

『究極の成功思考』インデックス・コミュニケーションズ


小才は、縁に出合って縁に気づかず
中才は、縁に気づいて縁を生かさず
大才は、袖すり合った縁をも生かす

これは、徳川将軍家の剣の指南役、「柳生家」の有名な家訓だ。

まさに、愚かな人間は、この縁の重要性に気づかない。
だが、多くの成功者たちは、若い頃からお世話になった、恩人や師のことを忘れない。

それは…
中学の先生だったり、高校や大学の監督だったり、職場での先輩や社長、
そして、ふとしたきっかけで出会った人生の師匠のことだ。

縁を大切にする人は、何年経っても、自宅まで挨拶に行ったり、
折にふれ何かを贈ったりするような気遣いをする。

縁に気づき、袖すりあうご縁を大切にする人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る