ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.5.30

ピンチはチャンス

医師の鎌田實氏の心に響く言葉より…

福島第一原発の事故は歴史的事件だ。
「新しい文明をつくれ」と指し示しているように思う。

ドイツは2020年までに原発を止める。
ドイツに負けないように20年には原発を完全に止められるといいなと思う。

日々節電に励みながら、もっと人と地球にやさしいエネルギーを探す。
スマートグリッド(次世代電力網)に取り組むのが日本の進むべき道だと思う。

ピンチはチャンスだ。
使いやすい家電を作らせたら日本にかなう国はない。
家庭の中で電気をつくる、蓄える、節約するという“マイクログリッド”を進化させる。

太陽光発電、地熱発電、風力発電、燃料電池、超伝導、
バイオマスといった環境技術の実用化を進める。

地下資源にいつまでもこだわっていないで、
太陽や風や波など無限のエネルギーへ発想を転換することが必要だ。

家庭から始まったマイクログリッドを地域で広げるために、発送電システムの構造改革をする。
電気の自由化が実現すれば、電気料金も安くなる。

そこから新しいスマートグリッドが生まれるのではないか。
今こそ日本が、効率的なエネルギーの使い方を世界に示すときだと思う。

エコ関連の技術革新は目覚しい。
日本が世界標準をつくれるかどうかが目前の課題だ。
国として挑戦していくべきだと思う。

成功すれば内需はもちろん、輸出の需要も高まる。
日本が復興しながら、地球にやさしい暮らしができれば、これほどいいことはない。

『ニッポンを幸せにする会社』集英社


あるときマザーテレサは、
「あなたのような影響力のある人が、なぜ、戦争反対の声をあげないのですか?」と聞かれた。

すると彼女は、「私は、戦争反対の活動には参加しません。
しかし、平和賛成という活動には喜んで参加します」と言ったという。

「引き寄せの原理」によれば、戦争反対と言うと、戦争を引き寄せてしまう。

だから、原発反対ではなく、新エネルギーの開発や、スマートグリッドの進化、
と言った方が対立を生まないし、明るい未来を願うことができる。

病気になったり事故に遭遇したときは、病気や事故が何かを知らせてくれた、
というのが東洋的な考え方。
今までの習慣を改めたり、行動を変えることが必要だ。

「ピンチはチャンス」
今こそ、新エネルギーの開発を心から願いたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る