ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.5.18

子どものような大人

斉藤茂太氏の心に響く言葉より…

東京大学教授の土居健郎氏は名著『甘えの構造』で、
「現代は奇妙に甘えの充満している社会である」といっている。

子供はマスメディアの情報で、早くからいろいろなことを知るようになり、早く大人になる。

それとは反対に、大人は昔のように大人らしい大人が少なくなり、子どものような大人がふえていく。
「そして、この大人のような子どもと、子どものような大人に共通するものこそ甘えなのである」
といっている。

土居氏のこの感想に関連すると思われることが、よく私のまわりにも起こる。
なかでも困るのが、ナニナニを教えてほしいという手紙をいただくことである。

「先生の本を読んで大変おもしろかった。
ついては他にも読みたいので、どういうものがあるのか教えてほしい」という類いのものだ。

書店に行けば何冊かは並んでいるだろうし、コンピュータを入れてもらえばりストも手に入るだろう。
それをせずに私のところへ直接言ってくる。

私の困惑にもかかわらず、これを書いた人は、親切のつもりで書いたようである。
おもしろかったという親愛の情を私に示し、他にも読んでやろうという、いっそう親切を示したつもりでいる。

そこには、私をわずらわせるのではないか、という気遣いはない。
無邪気といえば無邪気である。

『楽観力』サンガ新書


自分でロクに調べもしないですぐに人に聞く人がいる。
それは、相手の時間を使わせてしまうことまで思い至らない、甘えのある子どもと同じだ。
すぐになんでも相談する人も同様。

自律(自立)した大人は、人に頼らず、できることは何でも自分でやる。
できるだけ人の手を煩(わずら)わせないような気づかいができる。

空き缶や飲み終えたペットボトルを、道路にポイと捨てる人がいる。
それは、「誰かが片付けてくれるだろう」という甘え以外のなにものでもない。
だが、自分の住んでいる家の玄関の前に、空き缶が捨てられていたら猛烈に怒るタイプだ。

ストーカーも同じで、自分の欲望を満たすために、人につきまとうなど、人の気持を考えない。
人に与えることを考えず、「ちょうだい、ちょうだい」と、もらうことばかりを考える「子どものような大人」だ。

自己中心的な無邪気さは人を傷つける。
人に対する気づかいができる自律した大人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る