ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.5.14

逆境や荒波が鍛えてくれる

ラッセル・コンウエル氏の心に響く言葉より…

マサチューセッツ州の統計によると、金持ちの家に生まれた息子のうち、
死ぬまで金持ちだった人は17人に1人しかいないそうです。

しかし、そんな金持ちの息子の中にも、ときには分別のある人がいます。

ウィリアム・バンダービルト氏がそうです。
彼の父コーネリアスは海運・鉄道王として知られる人物です。

彼は若い頃、父親にこう尋ねました。
「うちの財産は、すべて父さんが稼いだものなの?」

「そうだよ。
船の雑用係から始めたんだ。
当初は1日わずか5セントしか稼げなかったけれどね」

「それなら、僕は父さんのお金をもらうわけにはいかないね」
彼はそう言うと、その日のうちに船の仕事を探しに出かけました。


あいにく、その仕事は得られませんでしたが、かわりに週給3ドルの仕事が見つかりました。
彼は額に汗して働きました。

貧しい家の息子と同じように、社会の荒波にもまれたわけです。
それは大学の教育よりも貴重なことを彼に教えてくれました。

この経験のおかげで、彼は父親の莫大な財産を継承し、バンダービルト財閥を築くことができたのです。

『あなたの宝はどこにある?』ディスカヴァー


まわりに使えるお金が山のようにあったとしたら、それをまったく使わないで生きることは至難のわざだ。
食べることも同様で、だからダイエットが難しい。

今、日本はかつてないほど、豊かな社会になった。
だが、残念なことにその弊害(へいがい)として、苦労を厭(いと)い、地道な努力をせず、
かっこうばかりつけたがる甘い人間が増えてしまった。

今の日本は、まさに真綿にくるまれた過保護な国となってしまった。
競争を恐れない、バイタリティにあふれたアジア諸国とは真逆にある。

甘い人間は、親の財産や、国やまわりの援助をあてにする。
だから、真剣みが足りない。

本当は、逆境や荒波こそが、自分を鍛えてくれる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る