ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.5.12

策略を巡らせる

二宮清純氏の心に響く言葉より…

勝負は時の運…。

この言葉について、私はこんな風に考えている。
ゲームの中、「運」は戦いの場にいる両者の間を絶えず行き来する。
瞬間、瞬間ではどちらの側にも応分に存在するのだ。

連続の中にある一瞬、それを自らの手元に引き寄せる。
実力のみが後ろ髪がないと言われる「勝利の女神」の前髪をつかむことを可能にする。

アスリートやそれを統率する監督、コーチはそのためにあらゆる努力を重ね、策略を巡らすのである。
その結果が勝利というかたちで報われる。

実力と戦略で、勝利を自分の側に引き込むことができるか、否か…
勝者と敗者を分かつのは、まさにその一点のみである。

かつてボクシングでジュニア・ミドル級(現在のスーパー・ウエルター級)世界王座を6度にわたって
防衛し、その後も2度のタイトル奪還に成功した輪島功一に聞いた話がある。

セオリーにとらわれない発想によって編み出された「蛙とびパンチ」で世界を制した彼の逸話には、
面白いものが多い。

二度目の防衛戦にあたる、マット・ドノバン戦のことである。
戦前の予想で輪島有利とは言われながら、ドノバンとは30センチという決定的ともいえる
リーチ差があり、彼には苦戦が予想されていた。

しかし、逆にいえば、それさえ克服できれば勝利はみえてくる。
彼は文字どおり、夜も寝ずに策を巡らせた。

秘策を考え付いたのはタクシーの中であった。
知り合いのドライバーとでもすれ違ったのだろうか、運転手が窓の外を振り向いた。
無意識に、輪島も同時にそちらを見る。

その瞬間、彼はこれだ、と思った。
不意に相手に視線をずらされると、人間は条件反射的にそちらに気をとられるものだ。

それをタイトルマッチの本番で、輪島は実行に移した。

輪島がふと、あらぬ方に視線を移す。
するとドノバンもそれにつられるように、そちらを向いた。

輪島はそこを狙い、打ち込む。
作戦はまんまと成功し、彼は3ラウンドでKO勝ちを収めた。

「“あっち向いてホイ”作戦ですよ」
笑いながら輪島は言ったが、目だけは笑っていなかった。

『勝者の思考法』PHP新書


二宮清純氏によれば、別のタイトル戦でも、輪島は策略を巡らしたという。

前日の会見場で、輪島は大きなマスクをして現れ、いかにも調子が悪そうに、ゴボゴボと咳(せき)もしていた。
そして、試合中も、輪島は相手の軽いジャブにわざと大きく顔を歪めたが、足元は乱れなかった。
演技をしていたからだ。
そして、最終ラウンド、相手をマットに沈め、三たび王座に返り咲いたという。

多くの日本人は、「相手を欺(あざむ)く」、「策略を巡らす」、というのは潔(いさぎよ)くないとか、汚い、とか言う。
しかし、日本人相手の戦いなら、ある程度それも通じるかもしれないが、
相手が他の国々の人々だったらどうだろう。

これは、ビジネスの場でも同じことが言える。
海外の市場で、日本人が手もなくだまされた、というのはよく聞く話だ。

海外では、だまされた方が悪い、という理屈もある。
もちろん、相手によりけりだが、日本人はもっとしたたかさがあったほうがいい。
ビジネスでは、「負け」が倒産を意味することもあるからだ。

時には、策略を巡らせることも厭(いと)わないタフな精神力も必要だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る