ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.5.1

足拭きマットの話

マイクロソフト元社長の成毛眞氏の心に響く言葉より…

「すぐれた君主ほど、けちだ」(君主論)

金持ちはけち、というのは定説になっている。
ビル・ゲイツがけちだというのは有名な話だが、もちろん、彼がそんなことを気にかける様子はまったくない。

以前、ビル・ゲイツが来日して東京のオフィスに来たときに、開口一番、
「オフィスの入口の足拭きマットは必要か?」と言った。

挨拶を交わし、互いに近況報告をし合うという雑談を抜かして、いきなり足拭きマットの話である。
私はなんのことかと、ポカンとしてしまった。

当時、日本マイクロソフトのオフィスは渋谷区笹塚のビルにあり、
そのときは7階から18階までを借りてオフィスとして使っていた。

彼は、エレベーターで7階まで上がってきたとき、
1階にあった足拭きマットが受付にもあることに気づいたのである。

敷いてあったのは、ごく普通のオフィスで使うレンタルのマットだった。
「1階のマットで靴の泥は取れるんだから、このマットは必要じゃないか。
いったいこのマットに経費はいくらかかっているんだ?」

そこで、総務部が急いで調べて、
「月間3千円弱です」

「すぐやめなさい」
というやり取りがあり、即中止となった。

年間売上が2兆円といわれていた時期なのに、3千円をカットするのに躍起(やっき)となる。
この話から、「金持ちはやっぱりケチだな」と結論づける人もいるかもしれないが、
経営とはそういうものなのである。

企業の経営で利益を追求するには、ムダを省いて節約するのは基本中の基本だ。
経営者にとっては、3千円だろうが3千万円だろうが同じことである。

ビル・ゲイツに関してはその他にも、アメリカでは割引クーポンを持ってマクドナルドへ行っている、
飛行機はエコノミークラスにしか乗らないなど、いろいろな噂があった。

多くの破滅型の成金は、稼いだカネを湯水のように使ってしまう。
カネは無限にあるわけではないのだから、感覚が麻痺するのがいちばん怖い。

『成毛眞の超訳・君主論』メディアファクトリー新書


お金もちほどケチだとは、よく言われる話だ。
小金持ちほど、ムダにお金を使ってしまう。

しかし、本当の吝嗇家(りんしょくか)は別にして、たいていの金持ちはケチなのではなく、
合理的なお金の使い方をするというだけなのだ。

合理的な人は、効率的で、ムダなことを嫌う。
特に事業においては、一銭のムダも許さない。

億万長者で有名なビル・ゲイツ氏にしても、投資家として有名なウォーレン・バフェット氏にしても、
資産の大半を寄付すると表明している。
たんなるケチではないのだ。

影響力のある人は、普段の一挙手一投足が見られている。
日頃の些細な言動や行動が、人生に大きな影響を及ぼすことを、肝に銘じなければならない。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る