ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.3.28

もう一つの「ウサギとカメ」の物語

斉藤一人さんの心に響く言葉より…

『ウサギとカメ』っていう物語がありますよね。
みんなは「カメが勝った」という。
でも、一人さんにいわせると、カメは負けなんです。

試合中にウサギが寝てくれたから、カメは勝った。
って、みんなはいうんだけど。

でも、競技中に寝てる選手、あなた、見たことありますか?
そんなもん、いるわけないだろう、って(笑)。

カメは泳ぎが得意なんだから、ウサギと勝負するんだったら、水泳に持ち込まなきゃダメなんだよ。
それを、ウサギに「陸で、かけっこしよう」って。
なにを血迷ったか、足の遅いカメが自分から足の超早いウサギに「かけっこしよう」って持ち込んだ時点で、

カメの負け。

かけっこが早いウサギと勝負したら、カメが勝つわけがない。
現実にそうでしょ。

競技中に寝かしちゃうようなヤツもいないんだよ。
苦手な競技で勝負するヤツもいない。

だから、中学出や高校出の人が、大学出ばっかりのところで働いたって、出世が難しいのが当たり前。
「中学出だからダメだ」とか、これこれができないから「自分はダメだ」とか、思っちゃいけない。

この世は、思ったことが現実になるの。
だから、自分に都合の悪いこと、思っちゃいけないよ。

『斉藤一人 愛される人生』KKロングセラーズ


自分の不得意な分野で勝負したら、負けるのは当たり前。
もし、真剣勝負なら、瞬間に斬られている。

それでも、戦うというなら、それを「匹夫(ひっぷ)の勇(ゆう)」という。
思慮分別に欠け、ただ血気にはやるつまらない勇気のことだ。

なにも、戦いだけでなく、人生も同じだが、真正面からぶつかるだけがいいのではない。
戦いや競争そのものを、無意味にしてしまう方法もあるからだ。
それが、「競争がない分野で戦う」、「自分の得意技が生かせる分野で戦う」ということ。

自分の得意技を生かし、争いのない分野で生きていきたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る