ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.2.21

嫌な奴に対するには

斉藤一人さんの心に響く言葉より…

我慢するということは、嫌々そこにいる。
調和するということは、楽しくそこにいる。
で、少なくとも、まわりのみんなと仲良くしなくっちゃいけないのか、というと、そんな必要はまったくありません。

嫌な奴となんか仲良くすることなんてないんです。
嫌な奴と仲良くすると、人生が嫌になっちゃうんです。

嫌な奴は、「嫌な奴だな―」と思わなければいけない。
それで、隣にいても、いないように思わなければいけないのです。

嫌な奴がいたら、「嫌な奴だね―」とか、「性格悪いね、意地悪いね―」とか、
「いつも暗くまとめてるね―」とか、「今日も暗いね―」とか、言っちゃうんです。
そうすると、相手にとって、自分のほうがもっと嫌な奴になりますから、寄って来ませんから。

嫌な奴には、「三倍ぐらい嫌な奴」になってやればいいんです。
そうなると、二度と来ませんから。

誰かが「おまえは、嫌な奴なんだ」とわからせてあげなくっちゃいけないんです。
それなのに、「嫌な奴だけど、この人と一緒にいてあげようか」なんていう半端な奴がいるから、
相手が気がつかないんです。

誰かが教えてやんなきゃ駄目なの。
愛ですよ、愛。

このままでいくと、一生嫌な奴のままで終わって、死んだら地獄へ行かなきゃならないんですよ。
早く教えてあげなくっちゃ。

「本当に嫌な性格だね!」と愛を込めて。
これでスッキリ。

『人生が全部うまくいく話』知的生き方文庫


「いい人」や、「善人」は、往々にして、悪い奴や嫌な奴に傷つけられたり、やっつけられてしまうことが多い。
「相手の気持ちを大切に」とか、「人と仲良くしなければ」、とか教えられてきているからだ。

しかし、それは相手が、「いい人」や、「善人」に対しての場合にだけ通用する言葉。
相手がだましにかかってきたり、それを悪用しようと思えば、善人はコロリとだまされてしまう。

「オレオレ詐欺」もそうだが、悪い奴は、善人より巧みで、悪知恵が働いて、パワーがある。
嫌な奴に対するには、それに倍するパワーで接することが必要だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る