ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.2.19

裸にて生まれて来たに何不足

渡部昇一氏の心に響く言葉より…

守田治兵衛は「寶丹(宝丹)」というコレラなどの予防薬を最初に作った人である。
この人が事業に失敗して全く無一文になり、死に場所を探しに旅に出かけたことがあった。

希望のない暗い心を抱いて、甲州街道を下って甲府の安宿に泊まったときに、
疲れた体を横たえて寝ようとして、ふと枕屏風(隙間風を防ぐために枕元に立てた小さな屏風)を
見ると、そこにこう書いてあった。

「裸にて生まれて来たに何不足」

俳句とも川柳ともつかない句である。
それも、金釘流の粗末な字で書いてあった。
だが、そのときの守田氏にはピンと来るものがあった。

そこでこの句を心の中で繰り返して読んでみると、翻然(ほんぜん)として悟ることがあった。

「そうだ、俺はもともと裸で生まれてきたのだ。
それが今、裸一貫になったからといって、不平を起こしたり、
狭い了見を起こしているのはとんでもない間違いだ」

すると急にすがすがしい気持になって、また東京に戻り、奮闘に次ぐ奮闘を続けて、
ついに製薬会社で一旗挙げることに成功したのである。

人生には、ひょんなきっかけから気持を切り換えて、うまくいくことがある。
時をとらえて決断できるかどうか、成功はこの一点にかかっているといってもいいのかもしれない。

『人生を創る言葉』致知出版


禅に、「本来無一物(ほんらいむいちもつ)」という言葉がある。
生まれた時は本来、もともと、何もなかった。
もともとが「無」なのだから、怨(うら)んだり、妬(ねた)んだり、執着することもない、ということだ。

しかし、「無一物中、無尽蔵(むじんぞう)」という言葉もあるように、
もともと何もないと思っているが、手もあれば、足もあるし、息もできる。
まさに、有り難い宝物を我々は、無尽蔵に持っている。
文句を言ってはバチが当たる。

「裸にて生まれて来たに何不足」
人生、開き直れば、なんでもできる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る