ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.2.9

大失敗を最高の笑顔で

本田健氏の心に響く言葉より…

私が20歳のとき、アメリカのフロリダで老人ホームに長期滞在する機会がありました。
彼らの生活に溶け込んで、いろいろな話を聞かせてもらいました。
話といっても、じつにさまざまです。
若い私にとって、一生心に残る話から、ただ長いだけの退屈な自慢話もありました。

そんな老人ホームでの出来事を観察していると、小学校や中学校と同じように、
ホーム内で人気のある人と人気のない人がいることに気づきました。
その差は、話の中身でした。

老人ホームでヒーローになっていた人は、自分がどれだけ成功したかを自慢する人でなく、
どれだけ見事な失敗をしたのかを話題にしている人だったのです。
話を聞く側からすれば、人の成功話はつまらないものです。
どうしても嫌味に感じとれてしまうので、一度聞いたら飽きてしまいます。

一方、大失敗話は、何度聞いてもおもしろいものです。
みんな大笑いしながら盛り上がっていました。
特に派手な失敗談ほど、拍手喝采を受けていたのが印象的でした。

自分がどれだけダサイ失敗をしたのか、恥ずかしい失敗をしたのか、
ありえないことをやって大恥をかいたのかという失敗談が、実は将来のパーティーのネタになるのです。
これは20歳の私にとって、とても新鮮でした。

今でも「安定の道」と「ワクワクする道」、どちらを選ぼうかと迷うときがあります。
そんなときは、あのときの老人たちの、大失敗を最高の笑顔で語る姿を思い出すようにしています。

そして、「若い頃のマイナスは、老後の最高の思い出になるから、
君もどんどん失敗しなさい。成功だけの人生はつまらないぞ」
と言ってくれたご老人たちの真剣な表情を思い浮かべています。

『読むだけで心がラクになる22の言葉』フォレスト出版


自分の失敗談を面白おかしく話せる人は、自分に自信を持っている人だ。
自信があるとは、お金もちになったとか、成功しているということではなく、
自分の今までやってきたことを、「すべてよし」と悔やむことなく、受け入れ、肯定していることだ。

自らを肯定し、受け入れている人は、失敗や、弱みを隠すことなく、サラリとさらけ出せる。
人は、秘密主義で、暗い人より、おおらかで、屈託のない人を好む。

ドジや大失敗や大恥は、将来の大受けのネタ。
ネタ作りと思ってやれば、どんなに難しいチャレンジも恐れることはない。

大失敗を最高の笑顔で話ができる、魅力ある人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る