ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.2.6

ゆっくりと急げばいい

伊集院静氏の心に響く言葉より…

30数年前の初夏。
私はトランクひとつで東京駅の切符売り場に立っていた。
東京での暮らしが嫌になり、田舎か、どこかの街に行ってやり直そうと思っていた。

横須賀までの切符を買った。
その日は葉山の御用邸近くの釣宿に泊まり、翌日の午後、海岸を逗子の方に歩いた。

缶ビールを買い砂浜で飲んでいると背後で声がした。

「昼間のビールは格別でしょう」
振りむくと白髪の老人が立っていた。
二人してぼんやり海を見ていた。

「ここら辺りに宿はありませんかね」
「私のところも宿をやってます」
老人の指した海岸沿いに木造の古いホテルがあった。

「宿賃が高そうだ。金があまりなくて」
「金なんか大丈夫。まあ泊まってみなさい」

たったそれだけの会話で、私はそのホテルに7年半という歳月、世話になった。
世話になったと書いたのは、宿賃が長く払えなかったからである。
私は無職だった。

「な〜にホテル代なんぞ、出世払いでいいんですよ。あなた一人くらい何とかなります」

老人はホテルの支配人で、昔は外国航路の厨房長だった。
今、山下公園の前に停泊している氷川丸にも乗っていた。

海のものとも山のものともわからぬ青二才をI支配人はいつも気にかけてくれて、
「ゆっくりやる方がいい。先は長いんだ」
と夜ウイスキーをご馳走してくれた。

半年、一年と宿賃がたまっても笑っていたし、旅に行くと言うと大きな金庫を開けて、少し持って行きなさいと渡してくれた。
途中から食事代もままならず、ホテルの従業員の賄い食を一緒に食べた。

少しだけ仕事をするようになっても、いつも言われた。

「損、得で仕事を選んじゃ淋しい人生になりますからね。おおらかが一番イイ」

「伊集院さん、愉しみなさい。人生はアッという間に過ぎてしまいますから。
でもあせっちゃダメだ。ゆっくりと急げばいい」

“なぎさホテル”
そのホテルの名前である。

『続・大人の流儀』講談社


伝説のアマチュアゴルファーの中部銀次郎氏の言葉に、「悠々(ゆうゆう)として急げ」がある。
ゴルフは、遅いプレーはまわりに迷惑がかかる。
だから、悠々としてゆっくりと急ぐことが必要、それもセカセカせずに、ということだ。

人生もまた然(しか)りで、遅れてはいけないが、さりとて、あくせくと、なりふり構わぬのも見苦しい。
悠然と、しかも、しっかりと急ぐことが肝要だ。

人生はあっというまに過ぎてしまう、一瞬のドラマ。
あせらずに、ゆっくりと急ぎたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る