ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.2.2

人生の折り返し地点を過ぎたら

小林正観さんの心に響く言葉より…

人生には折り返し点があります。
寿命が80年の人は人生の折り返し点が40歳、寿命が70歳の人は折り返し点が35歳、ということです。
その折り返し点を過ぎたようだ、と自分で思える方があったら、
次のことに意識を切り替えることをおすすめします。

旅をするときは、どこへ行くか、ではなく、誰と行くか。
食事をするときは、何を食べるか、ではなく、誰と食べるか。
語り合うときは、何を話すか、ではなく、誰と話すか。

ということが、実は幸せの本質。

自分が「人の間で生きていて幸せ」と思える、そういう人間関係の人たちと
一緒に旅をすることができたら、田んぼのあぜ道で座っておにぎりを食べていても、幸せを感じます。

でも、どんなにいいところへ行っても、気の合わない人、価値観の違う人、
例えば気に入らないことがあると、ホテルのフロントの人を怒鳴りつけるような人と一緒では、楽しくありません。

良き仲間とは、同じ方向を向いていて、同じ価値観で生きている人のこと。
同じ話題を笑顔で話せる人を良き仲間といいます。
私たちの場合は、「喜ばれるように生きている人」のこと。

その前段階で、「不平不満」を口にせず、「感謝」をいつもしている人のこと。
良き仲間に囲まれているだけで、天国。

年収何億円ももらっている、大会社の社長がいるとしましょう。
その人が幸せかどうかは、この人に良い友人がいるかどうか、です。

『「人生を楽しむ」ための30法則』講談社


類は友を呼ぶ、という。
自分のレベルが低かったら、低いレベルの友しか寄ってこない。

低いレベルとは、不平、不満、愚痴、泣き言を言う人のこと。
偉そうにしたり、自己中心的だったり、不機嫌なのも、かっこ悪くて、レベルが低い。

自分のことより先に、人の喜びを考え、楽しませようとする人は、かっこよくて、レベルが高い。
いつもニコニコして、機嫌がよくて、気前がよくて、偉ぶらない人には、多くの人が集まる。

人生の折り返し地点を過ぎたら…
誰と行くか、誰と食べるか、誰と話すか、はとても大事なこと。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る