ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.1.28

その名も「国際救助隊」

福島正伸氏の心に響く言葉より…

誰でも簡単に幸せになれる、たった1つの法則をご存知ですか?

その法則とは…
社会に貢献すること。
もっと簡単に言うと、人を幸せにすることです。

大きな声では言えませんが、実はもう、世界を変えるために動きはじめた人たちがいるのです。

彼らは秘密結社、その名も「国際救助隊」。
人や社会に貢献することを喜びとし、いまできることから行動しています。

■人ごみでは最後尾につく (通りすがりの者 0873)

ここしばらくは「譲ること」をテーマにしています。

「エレベーターの乗降時」
一番最後に乗って、いや、乗らずに笑顔で見送って次に乗る
(いつまでも乗れないので、次に来たときには最後に乗る)。

「電車の乗降時」
一番最後に乗って、最後に降りる。

「電車を降りた後の階段やエスカレーター」
最後尾につき、みなさんの幸せをお祈りする。

「歩行者優先の信号のない横断歩道」
先を急ぐ車を優先し、笑顔で幸せを祈りながら見送る。

■捨てられる食べ物を救助する (通りすがりの者 0030)

先日、閉店間際の回転寿司屋へ行きました。
私はいつも、まわっている寿司を見ながら、新鮮な寿司が欲しいと、
席にあるモニターでオーダーしていました。

けれども妻は、毎回まわっている寿司しか手に取らない。
あまり気にしてはいなかったのですが、少しくたびれたようなはまちに手を出したので、
「こっちでオーダーすると新しいのが来るよ」と言うと、

「これ、このままにしたら捨てられるじゃん…」と。

お…おまえ、まさかっ…隊員?

■無事を祈る (通りすがりの者 0556)

テレビで、地震情報が流れました。
“大阪 震度1 津波の危険性なし”

5歳の子どもが、下を向いています。
手を合わせて…、なんしてるんや?
はよ食べや!

「地震で、人が死にませんように、お祈りしてんねん」

「父さんも、一緒にお祈りさせて…」

「うん、たくさんでお祈りしたほうが、きっといいよ!」

5歳の子どもに教えられました。
人の幸せを、願う大切さ。
わが子。
おまえの父さんで、よかった!

『まわりの人を幸せにする 55の物語』中経出版


誰かを助けるとか、何かを救うというと、いかにも大袈裟(おおげさ)に考えてしまい、
自分とは遠いところの話、と思ってしまう。
「地球を救え」、「遭難した人を救い出す」といった話だ。

しかし、ほんの小さなこと、ささいな救助なら、誰でもできる。

道路に落ちている吸殻を1つ拾えば、道路や、掃除してくれる人を救助できる。
郊外のスーパーや飲食店で、たとえ駐車場がガラガラだとしても、
店から一番遠いところに停めれば、足の悪い人、お年寄りを救助できるかもしれない。

「国際救助隊」
小さなこと、ささいなことでも、真剣に救助活動に取り組む人たち…
勇気ある「国際救助隊」のみなさまに、心から感謝の拍手をおくりたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る