ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.1.16

嫉妬(しっと)から自由になる方法

『すべては「単純に!」でうまくいく』の中から、心に響く言葉より…

お金であれ、美しさであれ、才能や名声であれ、妬(ねた)みの種は尽きません。
しかし、嫉妬(しっと)から自由になる方法はあるのです。

それは…

《光りと影をみつめる》
いつもいい思いだけをしている人はいない、ということを肝に命じましょう。
何かいいことがあれば、必ずそれへの代償が払われているのです。
他人を妬む人はそれを見ずに、結果だけを手に入れたがっているのです。
例えばバイオリンの名手。
彼(彼女)は幼い頃から厳しいレッスンに耐え、他の楽しみをあきらめて、現在の名声を手にしているのです。
それだけではありません。
権力や地位のある人には、往々にして敵がいるということもお忘れなく。

《嫉妬しないためのおまじない》
人を妬(ねた)む心とはつまり、相手を認めようとしない気持です。
そこで1つの方法として、相手を意識的に支援してみてはどうでしょう。
次のおまじないを練習し、心の中で言ってみます。
「私は、あなたの成功を喜んでいますよ。
応援します」。

《他人を心から褒める》
文豪ゲーテは言いました。
「人の成功を受け入れるための唯一の手段は愛だ」。
容姿、性格、教養、生活のスタイルなど、他人を心からほめましょう。
嫉妬とは、もともと相手を賞賛する気持が歪(ゆが)んだものなのですから。
こうすれば、あなたの嫉妬心は、他人の美点を心から認め、
人を正当に評価できるという個人的な長所に変わります。

『すべては「単純に!」でうまくいく』(ローター・J・ザイヴァート&ヴェルナー・ディキ・キュステンマッハー)飛鳥新社


どうしても、他人と自分を比較してしまうのが普通の人間だ。
誰かと、比べれば比べるほど、それが嫉妬につながることは多い。

「オレだって頑張っているのに、なぜアイツだけがうまくいくのか」
「昔はペコペコしていたくせに、ちょっと有名になるとあんなに偉そうにしやがって」

しかし、有名になるには、それ相応の努力が必ずある。
我々は、その努力の過程をみることなく、結果だけを見てしまいがちだ。

妬んでいる相手の応援団になれば、嫉妬することはない。
人の喜びのために生きる人は、自分の損得を考えないからだ。
嫉妬心と損得勘定はよく似ている。

「嫉妬は、賞賛の歪(ゆが)んだ形」
相手が、自分よりすぐれていると思うからこそ、嫉妬する。
相手がたいしたことないと思う人には嫉妬はしない。

人を賞賛することを忘れない、利他の人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る