ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.1.15

自己顕示と自己嫌悪

小林正観さんの心に響く言葉より…

人間は「たいしたものじゃない」ものなのに、成長していくにつれて
「自己顕示欲」「復讐心」「嫉妬」の三つの感情が芽生えてきます。
これらはみな神さまに嫌われる感情です。

「自己顕示欲」とは、自分を「たいしたものだ」と認識した感情のこと。
まわりからそう思われないと生きていけない。
なのに、別の人がちやほやされている…。
ここで起こってくるのが、「嫉妬」です。
さらに不快な感情を5倍、6倍にして相手に返してやりたいと思うのが、「復讐心」です。

「すごい実力」を持った人でも、口から出るのが「自分がどれほどすごい人か」という自己顕示欲、
「自分はこんなにすごいんだけど、別の人が評価されているのは許せない」という嫉妬、
「いつか見返してやるんだ」という復讐の言葉ばかりだったら、誰も話を聞きたいと思いません。

だから、「自己顕示欲」「復讐心」「嫉妬」の三つの感情を持つと損をします。
「すごい実力」を持っているのだったら、ただ黙って人に証明すれば、誰もが認めてくれるでしょう。

『心を軽くする言葉』イースト・プレス


経済評論家の長谷川慶太郎氏は、「日本の経済運営のまずさは、
政治家や官僚の嫉妬心にある」と喝破(かっぱ)した。

つまり、儲ける企業や、多くの報酬をもらう経営者や、資産家等々に対する嫉妬だ。
多くの資産を持っている資産家に対しては相続税を強化し、儲かっている企業には様々な規制をかけてくる。

多くの人の心の底には、うまくいっている人や成功者に対して、多少の嫉妬心がある。
だからこそ、政治にも、経済にも、経営にも、文化にも、芸術にも、嫉妬心が影響を及ぼす。

「自己顕示 自己嫌悪 わたしの こころの うらおもて」(相田みつを)

うまくいっている人、成功した人を心から賞賛する人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る