ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2012.1.13

ボケない人

竹村健一氏の心に響く言葉より…

脳の中で糸くずのような形状でたまるもの、
肌でいえば、老化によってできる“老はん”にあたるものが「タウたんぱく質」である。
この「タウたんぱく質」という物質が脳の神経細胞にたまってくると、
老化に伴い、もの忘れの原因になる、という。

この「タウたんぱく質」は老化だけではなく、ある酵素によって、蓄積していく。
この酵素をもたないマウスを迷路に置いて実験したのが、
理化学研究所脳科学総合研究センターの木村哲也さんたちの研究チームである。

「新しい知識を吸収せず、新しい経験もしない単調な生活を続けていると、
老化によるもの忘れが進む可能性がある」というものだ。
新しい記憶を増やしていくと、この酵素の働きが抑えられる。
どんどん新しいことを覚え、新しい経験をして適度に働きを抑えた方がいい、ということである。

つまり、新しい知識や経験を増やすには、固定観念にとらわれないで、
フレキシブルな発想ができるようになる必要があるということだ。
たとえ、高齢になっても、いつも新しい視点をもっていて、新しいものに興味を持って取り組む人がいる。
こういう人はボケないし、ますますパワフルな老人になれる可能性大である。

広い範囲での読書を励行し、さまざまな分野の人に出会い、触発されることが、大切だ。

『先見力』青志社


北京原人の発掘者として知られるフランスの人類学者ティヤール・ド・シャルダンは
人間の力を引き出すために、否定の哲学を否定し、肯定の哲学を唱えた。

シャルダンの唱える肯定の哲学とは、三つのVと三つのCで象徴される。
三つのVとは、バイタリティー、ビジョン、ベンチャー。
三つのCとは、チャンス、チェンジ、チャレンジのことである。
《感奮語録》(行徳哲男)より

ベンチャーとは、冒険のこと。
バイタリティ(活力)があり、ビジョナブル(野望的)になれば、人は冒険的になれる。
そして、チャンスを常にうかがい、チェンジ(変化)することを恐れない人は、
いくつになっても人生のチャレンジャー(挑戦者)だ。

冒険を忘れ、変化を恐れ、チャレンジすることをあきらめてしまった人は、
たとえ年齢が若くても、すでに老化が始まっているといわざるをえない。

子どものような好奇心を持って、時代の変化を楽しみたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る