ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.12.13

量のグループと質のグループ

ジョン・C・マクスウェル氏の心に響く言葉より…

ある美術学校でのエピソードである。
陶芸の授業のとき、最初に教師はクラスを2つに分けた。

そして、アトリエの左半分の生徒には作品の量によって、
右半分の生徒には作品の質によって採点すると告げた。

採点の日が来て、興味深い事実が明らかになった。
優秀な作品は、すべて、“量グループ”から生まれたのだ。

量グループの生徒は、たくさんの作品をつくっていく過程でいくつも失敗し、
そこから学ぶことでいい作品を次々と生み出すことができた。

しかし、“質グループ”の生徒は、完璧な作品について理屈をこねるだけで手を動かさなかった
ために、成果として残ったのは、壮大な理論と作品になりそこねた粘土だけだったのだ。

あなたの目標が、ビジネス、スポーツ、芸術、人間関係など、どんな分野であろうと同じこと。
進歩する唯一の方法は、「トライ・アンド・エラー」をくり返すことだ。
そして、そこでの失敗を経験という財産に変えていくのだ。

『一勝九敗の成功法則』(斉藤孝訳)三笠書房・知的生き方文庫


P.F.ドラッカーは、次のように言っている。

「間違いや失敗をしたことのない者だけは信用してはならない。
そのような者は、無難なこと、安全なこと、つまらないことにしか手をつけない。
人は優れているほど多くの間違いをおかす。
優れているほど新しいことを行うからである」
“ドラッカー 365の金言”(ダイヤモンド社)

安全や無難なことを目指すなら、何もしないことだ。
何かにチャレンジすれば、何回かは必ず失敗する。

人間がやることで、100発100中の成功など、この世にありはしない。
失敗を恐れない勇者だけが、成功を手にすることができるのだ。

「倒れたら起き上がる」
何回失敗しようが、そこから起き上がり、あきらめずにチャレンジし続ける人に勝利の女神はほほ笑む。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る