ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.12.12

困ったときはチャンスのとき

萩本欽一氏の心に響く言葉より…

「この道は安全です」って言われると、ちょっといい感じがするよね。
だけど、安全な道を歩いていても、成功は落ちてない。
安全な道には失敗もない代わり、成功もないんですよ。

とくに「大成功」は、危険な道にしかないの。
危険な道には罠もいっぱいあって、ちょっと進むたびに困難に出会うでしょ。
でも、人間て困ると立ち止まって、しっかり考えるんです。

だから、困ったときって、ふだんはまったく気がつかないスーパーアイデアが出てきたりする。
そこから大成功につながるんです。

何年か前、「プロ野球を1リーグ制にしよう」っていう話がありましたよね。
みんなが反対して結局2リーグ制のままになってるけど、あのとき僕は「いいねえ、1リーグ制!」って言ってたの。

なぜかっていうと、1リーグ制になると困る人がいっぱいでてくる。
その人たちがいっせに考えると、プロ野球がとてつもなくおもしろくなるんじゃないかな、と思ったんです。

困難を恐れると、運も逃げちゃいますね。
「困った、困った」って立ち止まったままくよくよしてる人に成功はやってこない。

「さあ、困った。
でも、困ってばかりはいられない。
いや、困っている今が最大のチャンスかもしれない」
そう考えて危険な道をぐんぐん進んじゃう人にしか、大成功の喜びは味わえないんです。

『欽言力』日本文芸社


人は、困ったことがおきたり、崖っぷちに追いつめられたりしたときに、ようやく真剣に考えるようになる。
病気になって初めて、その病気に詳しくなったり、養生を考えるのと同じだ。

安全なとき、保障されているとき、守られているときは、何も考えない。
危機が起きて初めて、我がこととして必死になり、本気となる。

明治維新は、多くの人たち、とりわけ幕府の人たちにとっては、もっとも困ったことであり、嫌なことだった。
しかし、誰かが困る度合いが大きければ大きいほど、変革の幅は大きい。

どんなに困ったことが起きても、そこから逃げなければ、それをスーパーチャンスにできる可能性がある。
「ピンチはチャンス」と、1歩でも前に進み、運をつかみたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る