ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.12.8

コロンブスの卵

渡部昇一氏の心に響く言葉より…

コロンブスが新大陸を発見してスペインに帰ると、朝野を挙げて熱狂して迎えた。
ところが、あまりに評判が高いので、これに反感を持つ者もいた。

ある日、数人の貴族富豪がコロンブスを招いて盛大な宴会を開いたが、みんな尊大で、傲慢で、
コロンブスの評判のいいのがしゃくにさわっていた連中ばかりだったから、
酒が回るとだんだん無礼なことをいい始めた。

「君はアメリカを発見した。
もちろん結構なことだが、いわば当たり前のことじゃないか。
誰でも西へ西へと行けば、アメリカにぶつかるに決まっているのだ。
ただ偶然に、君が最初にぶつかったというだけのことじゃないか」
といった具合に嫌味をいう。
それがまた、この招待の目的だったのである。

コロンブスは黙って、この無礼を聞いていた。
そして、静かに立ち上がって、ゆで卵を一つ持って、こういった。
「皆様、どなたでも、この卵を真っ直ぐに立ててくださいますか」

一人ひとり試みたが、卵のことだからころころところがってしまって、うまく立たない。
最後にコロンブスが
「それでは私が立てて見せましょう」
といって、卵の端を少し割って平たくして、そこを下にして卵を立てた。

それを見て、人々は笑った。
「なんだ馬鹿馬鹿しい。
それなら誰だってできるじゃないか」

すかさずコロンブスはいい返した。
「そうです。
誰もできる容易なことです。
しかし、この容易なことは、たった今、どなたもできなかったのです。
他人のしたことを見れば、誰でも容易なことだと思いますが、
誰もやらないときに真っ先にそれをやるということが貴いのです。
真似ることは全く易しいんですがね」

この言葉にさすがに皆のものはシュンとしてしまった。

『人生を創る言葉』致知出版


イタリア人のコロンブスは、地球の球形なることを信じ、狂者と嘲(あざけ)られながら、
ついにスペイン女王の援助を得て、アメリカ大陸を発見した。

この「コロンブスの卵」は、コロンブスの偉業を伝えるために脚色された作り話だともいわれているが、
いずれにせよ、戦前の教科書にも載っていた有名な話だ。

誰でもできると思われていることでも、最初にそれを行うのは非常に難しい。

「口では大阪の城も建つ」という言葉もあるように、口でいうのは簡単だが、
言ったこと、考えたことを、実行に移すのは難しい。

ましてや、「そんなことはとっくに知っていた」とか、「ずっと前から考えてた」などと言って、
人の偉業をこき下ろす人は寂しい人だ。

「言うは易く行うは難し」

行動もしないで、人の批判をするだけの悪しき評論家であってはならない。
たとえ失敗したとしても、とにかくやってみるという、「実践者」でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る